Photo by Pretty Drugthings on Unsplash

「画期的な新薬」はもう現れないのか? 『創薬が危ない』

ドラッグ・リポジショニングのすすめ

「前書き図書館」メニューページはこちら

ガン、アルツハイマー病、インフルエンザ、
エボラウイルス病……なぜ、特効薬が現れないのか?

動物で効いたのに、人ではまったく効かない。動物実験ではなかった激烈な副作用が現れた……。開発途中の新薬の多くが、臨床試験で失敗してしまう。

21世紀に入り、これまでの創薬テクノロジーは大きな壁にぶつかっている。打開策はないのか?

本書は新しい視点からの創薬「ドラッグ・リポジショニング」を提案する。

drugPhoto by Pixabay

まえがき

「最近新薬が生まれない」

「製薬企業の業績が思わしくなく、リストラをしているらしい」

「薬剤費が上がってこのままでは国民皆保険制度が破綻し、金持ちしか医療を受けられなくなる」

「予想外の副作用で、薬が販売停止になってしまった(多くの薬害被害者を出してしまった)」

「うつ病など、精神的な疾患によく効く薬はない」

 医療関係者でない読者の方でも、このような話を耳にしたことがあると思う。一方、医療関係者の方の中には、

「内視鏡など医療機器は日々進歩しているのに、処方している薬は昔とあまり変わらないなぁ」

「最近、製薬企業の社員の顔が暗いなぁ」

「学生を製薬企業へ就職させるのが難しくなってきたなぁ」

などという印象を持っている方も多いと思う。

これらは一見別々の問題のようだが、その原因は実は同じであり、それは20世紀型の医薬品開発の限界である。つまり現在、医薬品開発は岐路に立っており、世界各国が新しい方法、つまり21世紀型の医薬品開発法を血眼になって探しているのである。

「なんか難しそうで、自分には関係ないなぁ」なんて思わないでほしい。