不安にこたえる「寿命」の研究 それは初めから決まっているんです

自分は何歳まで生きるのだろうか
週刊現代 プロフィール

「僕は、好きな仕事を精一杯やってこられて、こんな幸せなことはない。僕の人生、幸せだった」

その言葉を聞き、海老名氏は初めて「人間には寿命というものがあるのだ」と悟った。

「自分の人生に満足して死んでいくのですから、それを残念だなんて言いたくないと思ったんです。だから、それはやっぱり寿命ですよ。だって『寿の命』と書くんですもの。そう言ってもらえて、嬉しかったですね。夫のあとをしっかり守っていこう、と決意しました」

家族や友人が早すぎる死を遂げたとき、「あのとき、あれをしてあげていれば」などと過去を悔やむことは多い。でも、それを「これがあの人の寿命だったのだ」と思えれば、前に進むことができるはずだ。

浄土真宗本願寺派如来寺の住職で、相愛大学人文学部教授も務める釈徹宗氏はこう話す。

「生き物の中で、人間だけが『死』という概念を生み出しています。死への苦悩は人間として生まれた限り、避けることはできません。愛する人を亡くしたときに『なぜこの人が死ななくてはいけなかったんだ』と悩んだり、自分の死を恐れるのは、仕方のないことなのです。

我々は『なぜかわからない』という不安状態に置かれることで苦しむ。そんな中、『寿命』という考え方は、苦を引き受けるシステムの一つと言えるかもしれません」

その日まで頑張って生きる

海老名氏は、夫の死を寿命だったと理解したことで苦しみから解放された。そして、「死者のあとを継いで生きる」という決意をしたが、それこそ、「寿命」を受け入れるのに必要なことなのだ。釈氏が続ける。

 

「息を引き取った瞬間に、その人のすべてが終わるとは思えません。想いや願いというのは、その人が関わった人たちの中で生きていくものでしょう。『こんなふうに生きてほしい』『こんな社会になってほしい』など、亡くなった方の遺志は、死を越えても続く『物語』なのです。その物語に耳を傾けてみればいいのです」

「夫のあとをしっかり守っていこう」という言葉どおり、海老名氏は林家一門の中心となって支えている。三平師匠の死後、自身も乳がんなどの大病を経験したが、一命を取り留めた。

「まだ寿命ではないのかもしれません。お父さん(三平師匠)から『来なくていいよ』と言われているみたい。ただ、寿命は長かろうが短かろうが、夫のように最後に『あぁよかったな』と思える生き方をしたい。自分にできるだけのことはやった、と。そのために、まだ頑張りたいと思っています」(海老名氏)

自分の死を恐れるばかりでなく、自分が「死んだあと」に想いを馳せてみてほしい。前出の釈氏が言う。

「16世紀に活躍したドイツの神学者ルターは、こう言いました。『明日世界が終わるとしても、私は今日リンゴの木を植える』と。

たとえ寿命が明日尽きるとしても、次の世代のためにこれをするのだと思えれば、寿命とうまく向き合えるのではないでしょうか。そうすると究極的には、寿命は一つの通過点になる。死ぬことですべてが終わるわけではないのですから」

「死」は恐れるものではない。寿命は生まれながらに決まっているのだ、それは一つの通過点にすぎないのだ、と考えれば、いまを生きる意味が見えてくるのではないだろうか。

「週刊現代」2015年2月21日号より

現代ビジネスプレミアム倶楽部