リチャード・ブランソン「自分の星を追いかけろ!」

ヴァージンギャラクティック「スペースシップII」のテストフライトの様子---〔PHOTO〕gettyimages

【質問】 ブランソンさんは、ロックスターのように忙しく暮らすなかで、新事業への関心や熱意をどのように維持し続けているのでしょうか?(キアン・ケイズ〔ロックスタープレナー〕、マニラ)

* * *

リスクを冒し楽しむことが大切!

――ブランソン: 「人生は短い。楽しめないことはするな」。これが仕事と人生における私の座右の銘です。

この哲学が、最初にはじめた事業の雑誌「Student」から、現在のヴァージン・ギャラクティックや宇宙旅行ビジネスに至るまで、私たちのチームを前進させてくれました。

もしも新しいプロジェクトや事業機会が刺激的だと思えないなら、おそらくそれは、人々の生活に良い変化を起こさず、仕事の過程の創造的な楽しさも経験できないからです。そのようなプロジェクトであれば、私は早々に切り上げ、より有意義なプロジェクトに取り掛かるでしょう。

個人的な生活と事業の両方を刺激的なものとして保つには、まず第一に楽しむことです。そうです、真剣に楽しむこと、――これはヴァージン流の考え方の中核にあり、私には後ろめたい気持ちなどまるでありません。

少し生真面目な組織であれば、怖気づいてしまうような状況でも、この考え方が私たちの中心に置かれています。たとえば私は、ボートレースや熱気球、あるいは高層ビルから飛び降りるといった、少し無鉄砲と思われるようなことも数多く行ってきました。無謀な行動だという人もいるでしょうが、彼らに対しては、さらに大きなものを手に入れるために計算済みのリスクに挑んでいるのだと答えています。

企業家精神を持つ者であれば、たとえ崖っぷちに立つような状況でも直観を信じ、自らの星を追い続けられる自由でとらわれない意思が必要です。私の星もまた、数々の断崖や波乱に満ちた状況に私を導いてきました。その困難が身体的、金銭的、あるいはその両方であったとしても、リスクを冒すことと楽しむことは今に至るまで密接に結びついています。

「そんなことを考えるなんてまともじゃない」と言われることは、私にとっては、まるで雄牛に向かって赤い布を振るようなものでした。乗り越えられない障壁に挑戦し、既成概念の枠を超えてみんなとは違う方向に進むことが好きでした。これは恐らく私のDNAに刻まれた特性の一部で、100発100中とまでは言いませんが必ず一定の成果がありました。

この助言はどんな業界にも当てはまります。大企業での安泰な仕事であれ、ベンチャー企業の起ち上げであれ、仕事内容や仲間との時間を楽しめなければ、成功する道理もありません。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら