[ボクシング]
杉浦大介「ヘビー級人気復興の鍵を握るクリチコ、ワイルダー」

スポーツコミュニケーションズ

将来楽しみな若手も続々登場

 さらにワイルダーに続く存在として、デヴューから23連勝(17KO)を続けてきたイギリスの暴れん坊、タイソン・フューリーの存在も忘れてはいけない。放言癖でも知られるフューリーのキャラクターは貴重で、クリチコ、ワイルダーのどちらにぶつけても話題を呼ぶカードになる。

 加えてロンドン五輪で金メダルを獲得したアンソニー・ジョシュア(イギリス/10戦全勝10KO)、シャープな攻撃が小気味よいジョセフ・パーカー(ニュージーランド/12戦全勝10KO)、力士のような体型に似合わぬスキルが売りのアンディ・ルイーズ(アメリカ/24戦全勝(17KO))といった楽しみなプロスペクトたちも各国で芽を出し始めている。中でも英国の雄、ジョシュアの将来性は高く評価され、ゆくゆくはワイルダーと国境を越えたライバル関係を築いていくことになるかもしれない。

目の肥えたニューヨーカーを魅了することが王者に課された命題になる。Photo By Kotaro Ohashi

 こういった楽しみな若手たちと次々と対戦し、現代のヘビー級を盛り上げていくために――。クリチコはまずはニューヨーク帰還戦で結果を出し、ファンをエキサイトさせ、アメリカでの商品価値を高める必要がある。ジェニングスを倒して豪快さをアピールできれば、この国のボクシングファンもヘビー級の魅力を少なからず再認識するはずだ。

 地上波放送復活、フロイド・メイウェザー(アメリカ)対マニー・パッキャオ(フィリピン)戦の交渉本格化といったビッグニュースが新春から続いた2015年は、米ボクシングにとって激動の年になりそうな予感が漂う。今年がヘビー級にとっても復興の年になるかどうかは、トップに君臨する役者たちの活躍次第。まずはクリチコが階級最強を改めて証明できるかどうか、4月の防衛戦では、そのお手並みを拝見である。

杉浦大介(すぎうら だいすけ)プロフィール>
東京都出身。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、MLB、NBA、NFL、ボクシングを 中心に精力的に取材活動を行う。『スラッガー』『ダンクシュート』『アメリカンフットボールマガジン』『ボクシングマガジン』『日本経済新聞』など多数の 媒体に記事、コラムを寄稿している。著書に『MLBに挑んだ7人のサムライ』(サンクチュアリ出版)『日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価』(KKベストセラーズ)。
>>オフィシャルサイト「スポーツ見聞録 in NY」
>>twitter