起業家として目覚めるための5つのステップ

〔PHOTO〕Thinkstock by gettyimages

【質問】ブランソンさん、私は今の仕事に埋没して身動きできません。職場の地位に不満があるわけではありません。キャリアを積む機会はあるし給料もすごくいいです。問題なのは、私には新事業のアイデアがあることです。夜も昼もないほど考え続けています。しかし毎日のエネルギーを今の仕事だけに注ぎ込まなければなりません。

今の仕事を辞め、確かな見込みはなくとも独立すべきでしょうか。仕事を辞めなくとも、起業の夢は追えるはずだ、と言いますが、夢を現実化にするには全力を傾注すべきではないでしょうか。私や、同じように立ち往生している人たちにアドバイスをいただけますか?(セオドーア・エクレストン)

* * *

――ブランソン: おめでとう!セオドーア君。あなたは今、単に良いアイデアを思いついた人々と真の起業家を分かつ境界線上にいます。そこを超えるかどうかはあなた次第。問題は、向こう側にうまく跳ぶための手段があるかどうかです。

身動きできないという感覚は、事実上はいい兆候です。給料さえもらえれば結構という怠け者ではない証です。キャリアを積む過程で感じる不満といってもいいでしょう。その幸せではないという感覚や充足できず方向感を持てないという感覚が、あなたを何か違った行動へと駆り立てるのです。

以下にあなたが決断しやすいように、シンプルな手順を述べます。起業家として目覚めるための5つのステップと考えてください。

1.アイデアを評価せよ

アイデアはある、とのことでした。しかし、それからが問題です。新事業のアイデアだけなら掃いて捨てるほどあります。しかしそれらすべてが追求に値するわけではありません。

アイデアを次に進めるために必要な事前精査は済ませたか? そのアイデアは何かの問題のソリューションになっているだろうか? ニーズに合致しているか? ポイントをついているか? 他にないところがあるか? 誰かがすでにやってみたアイデアだろうか? と自問してください。

これらに自分で答えを用意してみましょう。そしてそれらを十分に検討してみてください。厳しい批判的な分析を経てもびくともしないものこそが最上のアイデアです。その作業をおおよそひとりで済ませたら、今度は信頼できる誰かに話して、よりバランスの取れた見方を聞き出してみましょう。

ここまではOKですか? OKなら、次に進みましょう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら