人前でアガらずに話すノウハウ

〔PHOTO〕gettyimages

企業が成長するごとにスピーチの機会は増える

起業家にとってスピーチは日々の仕事において不可欠なスキルです。起業後、会社を成長させていくときには、投資家となりそうな人々にプレゼンしたり、決定的な瞬間に従業員を鼓舞したり、会社を代表してメディアに向き合ったりすることになります。起業家としてずっとやっていくつもりなら、マイクを手にしてグループや大勢の人を前にするときに今から備えたいと思うはずです。

私は、スピーチとなると今でも嫌で嫌でたまりません。近頃はスピーチする機会も頻繁ですが、嫌いな点では、約50年まえの学生の頃に、大勢の前で話したときとほとんど変わっていません。

当時の学校が主催したスピーチコンテストでは、短いスピーチを暗記して仲間の前で発表させられました。発表の途中で口ごもるとゴングが鳴り、それで一巻の終わりでした。自分の順番が来ると、死ぬほどの恐怖を覚えながらクラスメイトの前に立たされることになります。耐えがたいその経験を思い出すだけで、今でも冷や汗が吹き出します。

緊張感のことはさておき、人前で話していい思いをしたことはその後もまったくありません。これはほかのことでも同じで、私の場合は一度やってみておもしろくなかったら、その後もずっと得意にはなりません。しかし長年のあいだに、スピーチのやり方に関しては度々反復練習してきました。それでもちょっと緊張する点ではいまも同じですが。

政界では、演説に優れていれば、見たところ平凡な候補でもかなり容易に当選できます。しかしビジネスの世界では、才能の有無が重要なほどには、人前で話すのがうまいということだけで人が雇われたり昇進したりという話をあまり聞きません。それでもやはり次々に成功し自社の階層が上がるにつれて、人前でのスピーチを頼まれる機会が増えることは避けられない現実です。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら