宇野亞喜良 第1回
「ぼくは昔から裏でチマチマやる細かい作業が好きなんです」

島地 勝彦 プロフィール

ヒノ なにかで読んだんですけど、宇野さんは60年代後半に寺山修司の舞台の美術をやっていたころよりも、いまのほうが芝居に入り込んで愉しめるようになったそうですね。

宇野 ええ、そうなんです。寺山修司はもういないし、ぼくが細かい部分をいじっても誰にも文句を言われないですからね。

最初、寺山が天井桟敷を作るとき、横尾ちゃんを美術のメンバーにして旗揚げしたんですね。ぼくだと前衛的というより少女趣味になっちゃうからっていって入れてくれなかったんですよ。でもだんだんいろんな才能と仕事をするようになっていって、ぼくも演劇に加えてくれたんです。

寺山は「星の王子さま」みたいなセンチメンタルな作品を作るわけですが、ぼくは彼が少女も好きでサンテグジュペリも好きだとわかっているから、いま構成や美術をやるときにそういう視点を持ち込めるんです。「フォア・レディース」シリーズで寺山の抒情的なところも最初から知っていましたしね。

だからぼくはアングラ的なものと抒情的なものの両面を芝居に反映させる。ときには寺山の解釈を崩すこともある。そういう崩す役割が与えられているというところが愉しいですね。

シマジ なるほどねえ。

宇野 タッチャンもアングラ的なものより抒情的な部分で付き合っていたでしょう? 寺山はタッチャンに撮ってもらうと都会的に見えると考えていたんじゃないですか。

立木 なにを言っても「YES」としか言わないやつを選んだだけじゃないですかね。反抗するヤツは一回でダメでしょう。おれは寺山の映画にも出演していたんだけど、なにを言っているのか全然わからなくって困ったのを覚えていますね。寺山と矢崎泰久とおれの3人で金を持ち寄ってやろうとしたんだけど、編集がぜんぜん進まなくて、結局完成しなかった。

宇野 それは天井桟敷より前の話だよね。

立木 昭和34年か35年だったかな。まだ20代でオレも何もわからなかったしね。寺山もその頃は田舎から出てきたばかりの風体でした。「仕事があってTBSまで行かなきゃいけないから一緒に行こうよ」と言われて付いて行ったりもしたんですけど、おれもあのころは怖いもの知らずで生意気だったから、テレビドラマのシーンを撮っているのを横から見て撮り方を指示しちゃったり・・・。

むかしのことを思い出すとどうも酒が飲みたくたってきた。シマジ、一杯作ってくれる。

シマジ もちろん、お安いご用です。

ヒノ それではネスプレッソをチェイサーにしてお飲みください。

立木 たしか先月もこの方法で飲んだんじゃなかったかな。

次回につづく〉

 

宇野亞喜良(うの・あきら) 1934年愛知県名古屋市生まれ。名古屋市立工芸高校図案科卒業。カルピス食品工業の広告課を経て、1960年日本デザインセンター設立とともに入社。1964年同センターを退社し、横尾忠則、原田維夫とともにスタジオ・イルフィル設立。翌65年離脱。同年スタジオReを設立し、「ペルソナ展」に参加。また、灘本唯人、横尾忠則、和田誠らと東京イラストレーターズ・クラブを設立し、寺山修司の「天井桟敷」にポスターを制作する。1968年スタジオReを解散しフリーに。日宣美会員賞、講談社出版文化賞さしえ賞、サンリオ美術賞、赤い鳥挿絵賞、日本絵本賞、日本宣伝賞山名賞等を受賞。1999年紫綬褒章、2010年旭日小綬章受章。おもな作品に「宇野亞喜良クロニクル」「サロメ」「少女からの手紙」「奥の横道」「MONO AQUIRAX +」、絵本に「あのこ」(文=今江祥智)「白猫亭」「上海異人娼館」(原作=寺山修二)、詩画集「大きなひとみ」(詩=谷川俊太郎)など。その他、キュレーションや舞台美術も手掛ける。
島地勝彦 (しまじ・かつひこ) 1941年東京都生まれ。青山学院大学卒業後、集英社に入社。『週刊プレイボーイ』『PLAYBOY』『Bart』の編集長を歴任した。現在は、コラムニスト兼バーマンとして活躍中。『甘い生活』『乗り移り人生相談』『知る悲しみ やっぱり男は死ぬまでロマンティックな愚か者』(いずれも講談社)『Salon de SHIMAJI バーカウンターは人生の勉強机である』(阪急コミュニケーションズ)など著書多数。Webで「乗り移り人生相談」「Treatment & Grooming At Shimaji Salon」「Nespresso Break Time @Cafe de Shimaji」を連載中。最新刊『お洒落極道』(小学館)が好評発売中!

著者: 島地勝彦
お洒落極道
(小学館、税込み1,620円)
30代、40代の男性を中心に熱狂的ファンを抱える作家、島地勝彦氏の『MEN’S Precious』誌上での連載「お洒落極道」が、待望の書籍化!

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。

著者: 島地勝彦
Salon de SHIMAJI バーカウンターは人生の勉強机である
(阪急コミュニケーションズ、税込み2,160円)
「サロン・ド・シマジ」マスターである島地勝彦が、シングルモルトにまつわる逸話を縦横無尽に語り尽くす雑誌『Pen』の人気連載を書籍化

amazonこちらをご覧ください。

楽天ブックスこちらをご覧ください。