漫画家・安野モヨコの原画、ホノルル美術館へ ~作品の新たな「文脈」を求めて

寺田 悠馬 プロフィール
© Moyoco Anno / Cork Inc.

日本のアート界全体が直面している問題

漫画を美術史に組み込む試みは、ホノルルのような海外だけでなく、日本でも行えないだろうか? 「モダンラブ」の展示を訪れて以来、そう考えている。

漫画原画をギャラリーで一般公開する、いわゆる原画展の類いは、国内でも頻繁に行われており、コルクも様々な展示に協力してきた。こうしたイベントは、来場者が作品の世界観に触れる素晴らしい機会だが、一方で、それが展示作品の、美術史やアート市場における評価に繋がることはほとんどない。

それはこの種のイベントが、展示作品とその作家にとって、あまりにも安全な場所だからではないだろうか?

つまり、原画展は主にファンの方を対象として企画され、来場者の大半は、すでにその作品を好きな人々が占める。そこには、独立的な視点から作品を論ずる批評家の声も響かなければ、作品の適正価値を見極めようとする買い手の眼も光らない。こうした第三者の「乱暴」な介在なしで行われる展示会は、主に内輪の祭事として、楽しくも、しかし外の世界からは孤立した、一過性のものとして終わってしまうのだ。

これはしかし、決して漫画特有の事情ではなく、日本のアート界全体が直面している問題のようである。

前述の辛氏は、「日本がバブル期におかした最大の失敗は、無謀なアートへの投資ではなく、アートマーケットのインフラを整備しなかったこと」だと書く。つまり、美術家を養う貴族、寺社、教会といったパトロンがいない現代において、美術家の活動はアート市場なしに成立しないわけだが、その市場が機能するためには、キュレーター、学者、批評家のほかにも、コレクター、ギャラリー、オークションハウス、専門メディアなど、アートの価値を裏付ける社会的な機能が必要になる。だが日本には、こうしたインフラが、「壊滅的といっていいほど」存在しないというのだ。

バブル期の日本には約1兆円のアート市場が存在したと言われる。だがそれだけの資本のほんの一部が、インフラの構築、つまり、アートを取り巻く専門職の創出に再投資されることはなかった。それは例えるならば、1兆円の株式売買を行いながら、証券取引所を設立せず、また証券会社で人を雇用しなかったようなものだろう。

その結果、アート関連の仕事で生計を立てているプロフェッショナルの数が、日本はほかの先進国に比べて、圧倒的に少ない。日本には優れたアーティストはたくさんいるが、「アート産業」というものが、実質的に存在しないのだ。

孤立していた作品に文脈を与える行為

日本の美術家に対する海外からの需要が高まるなか、アートを産業化し、いずれ自らの手で美術史を書くためには、どうすれば良いのだろうか? 近年、複数の日本人現代美術家の方にお話を伺うなかで、折に触れて考えてきた。

その一つの答えは、意外にも、アートを「感じる」ことを辞めて、代わりに、アートを「言語化」することではないだろうか?

現代美術家であり、京都造形芸術大学で教鞭を執るやなぎみわ氏は、アートを単に鑑賞するのではなく、言葉で表現する重要性について、インタビューで答えている。

「(作品を見せて)初めから『感じてください』なんて言えないですよ。日本の美術教育は、いまだに言葉を蔑ろにしすぎです。技術を軸足に据えて、あとは言葉にすることを放棄した茫洋とした世界にとどまっている。(中略)私は学生にしつこいくらい言っています。『言葉で考えろ』って。言葉にすることを放棄して感性のなかにたたずんでいても、何も変わらないですよ」(「瓜生通信62号 特集:やなぎみわの翼」より)