低金利時代の正しい作法

もうすっかり忘れ去られているが、昨年秋頃、消費増税しないと日本の財政は破綻して、日本国債が暴落して長期金利が急騰すると主張していた経済学者、エコノミストがたくさんいた。

しかし、どうだろう。

いまや10年物国債の金利は0・3%を割り込むまでになり、史上最低の水準になっている。ほんの3ヵ月前に、消費増税しないと国債が暴落して長期金利が急騰すると言っていた人たちはみな嘘つきだったとわかってしまった。

国債をみんなが買うから、金利が低くなっている。財政破綻すると思っていたら、国債など誰も買わない。

もちろん、日本銀行が量的緩和しているので、そのオペレーションとして国債を大量に購入しているという事情もある。このため、日銀が購入しない国債には買い手が殺到して人気が出るので、史上最低の金利になっているわけだ。

こうしたマクロ経済環境は消費や投資を促すので、景気を押し上げる。金融緩和の効果である。しかし、人によっては、低金利は面白くないので、不平不満を言う。もっと金利は高いほうがいいという主張だ。

このほど民主党幹事長に留任した枝野幸男氏もその一人。金利は高いほうが景気はよくなるという、経済理論とはまったく真逆な意見の持ち主なのである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら