今年から始めよう「ふるさと納税」簡単ガイド 誰でもできる みんなやってる こんなに得する

週刊現代 プロフィール

寄付にあたり、2000円を負担するだけで、残りがすべて控除される金額の上限ラインがある。そのラインを超えない限り、いくら寄付しても最終的に2000円を引いた額が戻ってくる。同じ2000円を払うなら、ラインぎりぎりまで寄付をして、その分多くの特産品をもらったほうがお得である。

このラインは、誰もが同じわけではない。税理士・足利浩子氏(英和税理士法人)が解説する。

「得する寄付金額のラインは、寄付する人の家族構成や年収などによって異なります。たとえば、サラリーマンの夫、専業主婦の妻、大学生と高校生の子供2人という家族構成の場合を考えてみましょう。年収が500万円であれば1万7000円、800万円なら5万5000円、1000万円であれば7万9000円となります。

金額をオーバーして寄付をすることもできますが、2000円以上の負担が必要になります」

カードで決済、後は待つだけ

この得する寄付金額が今年、約2倍に拡大することが予定されている。右の表は、制度改正後の寄付金額の目安を世帯・年収別に記したものだ。

「昨年末に、自民党と公明党が『平成27年度税制改正大綱』を発表しました。

その中に、ふるさと納税を促進し、地方創生を推進するために寄付金の控除限度額を概ね2倍に引き上げるという記述があります。

税制改正については、自公政権下ですんなりと通過すると思われるので、今年の4月1日からさっそく実施されるのではないでしょうか」(足利氏)

税の控除額が2倍になるなら、その分多く寄付ができ、もらえる特産品も増えるということだ。

では、どうすれば、ふるさと納税ができるのか。申し込みの流れを具体的に見てみよう。

まずは、インターネットで、各自治体のホームページを見て特典を調べ、ふるさと納税する自治体を選ぶ。

いろいろな自治体を比べながら選びたい人は「ふるさとチョイス」のサイトが便利だ。自分の好みに合わせて、自治体を絞りこむことができる。