2015.01.17(Sat) 岡田 真理

子どももサプリメントを飲んで大丈夫?

筆者プロフィール&コラム概要

「そのせいで食べたものをしっかり代謝できなくなっている。子どもの肥満、糖尿病、アレルギーなどが最近多いのはそのためです。もちろん、食事自体を改善できればそれがベストですが、現代の生活スタイルを考えると物理的になかなか難しい。そんな中でサプリメントの摂取というのは、偏った子どもの栄養を補うためのより現実的な方法と言えるでしょう」

成長期の子どもには良質なアミノ酸、ビタミン、ミネラルが特におすすめ

それでは、しっかり代謝できる体をつくるために、子どもたちはどんなサプリメントを摂取するといいのだろうか。

ベストパフォーマンス(www.best-performance.net)が子ども向けに推奨している『身伸革命180』は、成長期の子どもアスリートに好評。アミノ酸、ミネラル、ビタミンをバランスよく含む藻類「スピルリナ」を配合している。大事な成長期、食の欧米化で崩れた栄養バランスを補助するのに役立つという

「まずはアミノ酸、ビタミン、ミネラルといった基本的な栄養素ですね。これで足りないものをしっかり補ってください。マルチビタミンやマルチミネラルは大人の飲むサプリメントと同じもので構いません。

きちんと必要な栄養素を補えば骨の成長も促進され、身長も順調に伸びます」

また、サッカーや野球など、一つの競技に集中してスポーツをしている子どもアスリートには、疲労骨折予防のため、特にコラーゲン、カルシウム、マグネシウムなどミネラル類の摂取をおすすめしたいとのこと。

というわけで、スポーツをしている子どもにとっても、していない子どもにとっても、サプリメントの摂取は決してマイナスなことではないようだ。

ただし、子どもに限らずだが、「サプリメントを飲んでいるから大丈夫」と安心して偏食になったりしないよう気をつけなくてはならない。最も重要なのは、やはり食事なのである。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(おかだ・まり) スポーツライター、NPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション代表。1978年生まれ。立教大学卒業後、カリフォルニア大学エクステンションにてマーケティングのディプロマを取得。帰国後はプロアスリートのマネージメントに従事し、後にライターに転身。現在はアスリートのインタビュー記事を執筆する傍ら、ベースボール・レジェンド・ファウンデーションを運営している。


アスリートと「食」

自らのカラダに細心の注意を払うトップアスリートたちは食生活にもプロフェッショナルである。アスリートにとってもそうでない人にとっても役に立つ、スポーツ選手たちの食に関するエピソードを、自らもプロ選手のマネジメントに携わった気鋭のライターが紹介する。