いま日本で「本当にうまい役者」ベスト100人を決める

週刊現代 プロフィール

〈女優編〉ベスト50
松たか子、真木よう子、二階堂ふみ、吉高由里子も
本命満島ひかり対抗尾野真千子大穴綾瀬はるかさて1位は?

まさに「全身女優」

ここからは、男優編に続いて、女優のベスト50を一挙公開し、今年注目すべき女優、抜きんでて演技が巧みで、画面によく「映える」女優たちを紹介する。

この女優たちが出演するドラマや映画をチェックしておけば、きっと素晴らしい作品に、今年も出会えるはずだ。

それでは早速、ランキングを見ていこう。

今回、栄えある第1位に輝いたのは—満島ひかり(29歳)である。

碓井広義氏は満島を推した理由をこう語る。

「彼女はまさに『全身女優』のような存在です。ベスト50に入った女優たちは、みなすばらしい演技力を持っていますが、彼女らと比べても、全身を使って役に成りきるという点では、満島さんが一番でしょう。泣きの演技から、笑いの演技、怒りの演技まで何でもこなせる全方位型の女優です」

元々は『フォルダー5』というアイドルグループの一員だった満島は、園子温監督の映画『愛のむきだし』('09年)での体を張った演技で、注目を集めた。

昨年もドラマ「若者たち2014」や「ごめんね青春!」に出演し、気合の入った演技で、視聴者をくぎ付けにした。

山田美保子氏も満島についてこう絶賛する。

「彼女はとにかく演技に対して真面目で真摯なんです。ドラマ『Woman』('13年)では、2人の子供を抱えるシングルマザーを見事に熱演しました。生活に困窮しながらも健気に頑張るその姿に、涙が止まりませんでした。彼女の演技は、見る者の心を揺さぶる力があるんです」

その満島に続き、2位に入ったのが寺島しのぶ(42歳)である。

日下部五朗氏は、寺島を高く評価する。

「さすが往年の名女優・富司純子さんの娘だけあって、その演技力には舌を巻く。彼女は、決して典型的美人ではないが、あの体当たりの演技には、誰もが心を奪われる。

しかも、彼女は必要とあれば、脱ぐことも厭わない。今の映画界にとって非常に貴重な存在です。女優というのは、セリフだけでは語れないものが絶対にあるんです」