『黒幕』 - 最後の情報屋は、右と左と表と裏を制した男

また、リクルートコスモス株を多くの政治家や官僚が受け取り、戦後最大の経済事件とも言われたリクルート事件。当時、広報課長、総務部次長として事件対応にあたった田中辰巳は、「石原さんがいなかったら、事件そのものがなかったかもしれない」とまで言う。

リクルート事件は1988年、朝日新聞が「川崎市に株譲渡」と報じられたことから始まるが、犯意の特定も難しく沈静化する動きさえあった。ところがリクルートコスモスの社長室長が野党代議士に現金贈与を持ちかけているシーンの隠し撮りを報道されたことから、再燃していく。

実は石原氏は、この仕掛けを事前に掴んでいたのだという。現金贈与以前の会合で"手心を加えてくれ"と願い出た時にも既に隠し撮りをされており、それを「気をつけろ」と忠告したところ、焦ったリクルート側が会うのを止めるどころか、現金を持っていってしまったというのだ。

またこの時、石原氏が顧問でありながら、『現代情報産業』においてリクルートの記事を書きまくっていたことも注目に値する。金をもらっても言いたいことは言い、書きたいことは書く。それは、誰も気付かない視点を指摘することがリクルートのために役立つと信じていたからである。また、正確に中立的な立場で書けば他マスコミへの牽制になるという思惑もあった。彼の書き方が少しでも違ったものであれば、その後のリクルートの隆盛は見られなかったのかもしれない。

この他にも本書では、イトマン、東京佐川、金丸脱税、ゼネコン疑獄、住専、総会屋、大蔵・日銀といった事件の経緯が事細かに紹介され、最近では武富士や東電の顧問を務めた時の内幕も披露されている。ミニコミ誌であれ、マスコミ誌であれ、一つの事実がどのように報道され、どのような反響を生み出すかという出目が正しく計算出来れば、先手を打てるということがよく分かる。

その半生は、まさに情報の余白に生きたものとも言える。彼がわざわざ「対面から取れる情報」にこだわったのは、「何を言ったかではなく、誰が言ったかが大切」と考えていたことによるものだ。だからこそ、「情報交換以上、友達未満」の関係をあらゆる方向に張り巡らせ、その人間が持っている情報だけでなく、生活している環境や思想・信条まで踏み込むことによって、情報の値踏みをすることが出来た。

一方で、企業活動においてもグレーゾーンという余白が、彼のフィールドであった。しかし、コンプライアンスが重視されタブーが失われていく時代の変化は、彼の食い扶持であるとともに、立場そのものを危ういものにしてしまう。政治経済のシステム崩壊に伴う事件や世情の変化を分析し、顧問先へ対処の仕方を示唆することが生業であったはずだが、全てが終了した1998年以降、石原氏自身も「過去のシステム」として切られてしまうのだ。

かつて情報には、元栓があった。しかし今、情報は毛細血管のように流通している。そんな時代において、彼が信じた「対面から取れる情報」にはどれだけの価値があるのか、それを本書は問うている。

わざわざ対面から情報を取らなくてもプラットフォームに徹して規模を拡大すれば、同じような影響力を行使することは出来るのかもしれない。しかし、情報のベクトルを集合知という形に委ねることだけが、新たな価値を生み出す解なのかと言われれば、疑問を感じずにはいられない。

だからこそノンフィクションを愛する人間としては「対面から取れる情報」には今なお価値があるということを信じたいし、ノンフィクションに求める醍醐味のルーツのようなものを、石原俊介が生きた時代の中に垣間見ることが出来る。 

黒幕: 巨大企業とマスコミがすがった「裏社会の案内人」

作者:伊藤 博敏
出版社:小学館

内容紹介
借金の取り立てで住吉会に囲まれ、検察の予定調和捜査に噛みつき、リクルート江副浩正に意見し、内調と警視庁になぜか頼られ、中川秀直愛人醜聞では右翼と 共闘し、『噂の眞相』に助け船を出し、銀座のクラブに巨費を落とす。―こんな男が実在した!腕と度胸で成り上がっていった実在の情報フィクサー・石原俊介 の封印された半生に迫る傑作ノンフィクション!

『ノンフィクションはこれを読め! 2014』HONZが選んだ100冊
作者:成毛 眞
出版社:中央公論新社
内容紹介:キルギスの誘拐婚から現代宇宙論まで、嫌われる勇気からヤクザなキリスト教史まで、世界の"今"を紐解く、ブックガイド!ノンフィクション書評サイトHONZ厳選の100冊。

amazonこちらをご覧ください。