『月をマーケティングする』PDCAを回し続ければ、人類は火星に行けるのか。

セレブリティとなった宇宙飛行士たち

この目的を果たすために、宇宙飛行士のプライベートに関する情報はライフ誌と専属契約を交わすという手段が選ばれた。これは殺到するメディアから宇宙飛行士を守るということにおいても、宇宙飛行士のヒーロー像を制御するという意味においても一定の効果を上げたのである。

ライフ誌の特集によって、宇宙飛行士が軍人ではなく、国のために任務を遂行する、 ごく平均的な中流の家庭人であるというイメージを築いていった。

着々と力をつけつつあったNASAは今でいうコンテンツホルダーのよう存在であったのだろう。NASAが議会の承認を得るためにテレビ局が力を貸し続ければ、その見返りにNASAも無料で大型のコンテンツを提供するという理想的な関係が育まれていく。いつの時代も優れたコンテンツは世の中を動かし、金を生むのだ。