[虎四ミーティング~限界への挑戦記~]
坪井智哉(プロ野球コーチ)<後編>「振り子打法、イチローとの秘話」

スポーツコミュニケーションズ

愛を感じたトレード

二宮: 東芝を経て阪神に1997年のドラフト4位で入団。プロ1年目から打率.327を残します。これはセ・パ分立後の新人では最高打率です。1年目から結果を残して、プロの壁は感じなかったのでは?
坪井: 確かに、これは打てないなと感じたピッチャーはいなかったですね。でも、1年目はとにかくしんどかった記憶しかないんです。精神的にも肉体的にもキツかった。ただ、1年目から試合に出られたことで、その後の野球人生が開けてきたのかなと感じます。

二宮: 当時の阪神の外野陣といえば、新庄剛志さんや桧山進次郎さんがレギュラーでした。
坪井: しかも中日からアロンゾ・パウエルがやってきて、これは厳しいぞと覚悟していました。そしたら、パウエルがケガで出られなくなって、僕にスタメンのチャンスが巡ってきた。当時の監督は吉田義男さんでしたが、使っていただいたことに本当に感謝しています。細かいことを一切言わない方だったので、伸び伸びとできたのが良かったのではないでしょうか。

二宮: 阪神は人気球団です。一躍スターになって、とまどいは感じませんでしたか。
坪井: メディアに取り上げられて、いろいろと書かれるのがイヤでしたね。言ってもいないことを書かれたりしてマスコミ嫌いになりましたよ(笑)。

二宮: ケガもあって01年、02年と出場機会が減少し、そのオフ、トレードで日本ハムに移籍します。その時の心境は?
坪井: トレードというと、日本では「出される」という感覚がありますが、僕は「すごく、ありがたいな」と思いました。当時の星野仙一監督が「トレードされて、よく“見返してやる”という選手もいるけど、そうじゃないだろう。選手にとってはチャンスじゃないか」とテレビ番組で発言したのをたまたま観て、僕もものすごく共感できたんです。阪神の外野は赤星憲広がレギュラーを獲って、金本知憲さんもFAで移籍してきていました。日本ハムが「欲しい」と言っているのだから、むしろ坪井にとってはチャンスが広がるだろう。そんな愛情を感じたので、全くイヤな気持ちはなかったですね。

二宮: 日本ハムに行っての印象は? セ・リーグとパ・リーグの違いもあったでしょう。
坪井: 僕が移籍したのは北海道に移転する前の最終年だったんです。チームも弱くて、お客さんも少なく、選手も意識が低かった。それが北海道に本拠地を移して、注目され、お客さんが来ることで少しずつチームが変わっていったんです。北海道のファンに育てられたという思いは強いですね。

二宮: 日本ハムは移転3年目の06年にリーグ優勝、日本一を果たします。その後も07年、09年と優勝を経験しました。やはりビールかけは格別ですか。
坪井: 何回やっても楽しいものですね。目にしみて痛いし、ビール臭くなるし、体は冷える。冷静になると、しょうもないことやっているなと思っていても、一度、体験すると、またやりたくなる。あれは不思議ですね。