もやしもんと学ぶ(たぶん)日本史上初の一般向け感染症学の入門書!

絵でわかる感染症 withもやしもん

絵でわかる感染症 withもやしもん』という本を上梓することとなった。

「もやしもん」は「イブニング」などで連載されたベストセラー漫画(石川雅之作)で、「菌が肉眼で見える」不思議な能力を持つ青年が微生物を扱う農学部で大活躍……というのはかなり噓で、あらすじを説明してもこの漫画のよさはわからない。こればかりは「読んでいただく」より他ないと思う。ちなみに「もやしもん」とは種麴屋のことだそうだ。

もやしもん『もやしもん』第1巻

「もやしもん」と石川雅之の大ファンとしては、本書のイラストが石川氏の手で、しかも「もやしもん」のキャラを使ってなされるのは天にも昇らん喜びである。(ご覧の通り)精緻で美しい石川氏のイラストは、これだけで一見の価値はある。感染症学には何の興味もない、という諸兄もぜひ本書を(そのためだけにでも)開いていただきたいと思う。

さて、「感染症学」は「微生物学」ではない。微生物学は微生物を扱う学問だが、感染症学は感染症、すなわち微生物が起こす人の病気を対象とする学問だ。感染症は微生物を原因とする「コト」であり、微生物は「モノ」である。両者は深く関連する、しかし異なるものである。

ところが、長く日本では「コト」と「モノ」とが混同されてきた。すなわち、「感染症学」は「微生物学」の一亜型であると勘違いされてきたのである。

「コト」と「モノ」は(当たり前だが)同じではない。感染症学は微生物学を基盤としているが、微生物学「そのもの」ではない。微生物学はドイツのコッホ、フランスのパスツールらがパイオニアとされるが、同時代の巨人、北里柴三郎、志賀潔、野口英世などの活躍をみても、日本では微生物学の歴史は長く、その質も高い。

しかし、人の病気=「コト」を扱う「感染症学」においては極めて遅れているというのが(残念ながら)現実である。

 

例えば、微生物を殺す薬(抗菌薬)の微生物に対する効果は実験室内で測定できる。しかし、その抗菌薬が「病気を治すことができるか」はまた別の問題である。長く日本では、抗菌薬を「使った」「治った」(だから)「効いた」という「サンタ」論法、因果関係と前後関係の混同が普遍的に起きていた。

今でも「薬が効く」という言葉を、真にその意味を理解しつつ用いている医学者は少数派に属する。