石油価格今後の行方

〔PHOTO〕gettyimages

石油価格の下落が急ピッチで進んでいる。

米EIA(エネルギー情報局)も来年の石油価格予想を下方修正。「逆オイルショック」とも騒がれる一方で、来年には再びの石油高に転じるとの声も聞こえる。石油価格はこれからどうなっていくのだろうか。

石油価格の下落が鮮明になったのは10月初旬のことである。その引き金を引いたのは、サウジアラビアの石油輸出価格の引き下げだった。サウジアラビアを含むOPEC(石油輸出国機構)加盟国が価格支持のために減産にすると予測されていたが、減産合意に至らなかった。

かつてであれば、OPECは減産に踏み切り、自らの存在感と影響力を誇示できた。

しかし、今やその力がないほどに、自然エネルギーなど種々のエネルギーがでてきている。OPECが減産合意できなかった背景にあるのは、石油のウエイトが減ってきたというエネルギー事情の変化である。

実際、日本の場合、'13年度のエネルギー白書から、'12年度のエネルギー供給をみると、石油44・3%、石炭23・4%、天然ガス24・5%、原子力0・7%、水力3・2%、太陽光・風力・バイオマス・地熱等4・0%となっている。かつて石油は70%以上であったので、石油依存度がかなり低くなったことが見て取れる。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら