[サッカー]
田崎健太「日本と世界をつなぐスポーツビジネスエージェント」

~中村武彦vol.1~
スポーツコミュニケーションズ

交渉でGKからフィールドプレーヤーに

 小学6年の3学期、中村は住んでいた神奈川の日吉から町田市へ引っ越した。進学した町田市立鶴川第二中学校サッカー部は都内でも有数の強豪だった。2つ上の3年生には、後に日本代表に選ばれる山田卓也がいた。山田とは家も近く、親同士も付き合いがあったが、雲の上の人ともいえる存在だった。山田の他に、1つ上の学年には、帝京高校に進み全国制覇する池浦悟などの有望選手もいた。中村は1年生の仕事であるボール拾いをしながら、山田たちの巧さに目を見張っていた。このときは山田と自分の人生が将来、交差することなど想像もしていなかった。

 入学当初、中村はゴールキーパーをやらされていた。ただ、練習試合では味方は攻撃してばかりで、キーパーの出番はなかった。点が入ると皆が輪を作って喜んでいるのが羨ましくて仕方がなかった。

 顧問に「自分はフィールドプレーヤーをやりたい」のだと直訴したが、「キーパーがいなくなる」と一蹴された。そこで中村はディフェンダーの選手を、自分の代わりにキーパーをやってくれるように説得した。この交渉が実り、中村は晴れてサイドバックとなった。

 サッカーが生活の中心にあったが、それ以外はどこにでもいる中学生だった。まだJリーグは存在しておらず、サッカーを職業にしたいなどと考えたことはなかった。中村は“高校の3年間を大学受験で消耗すべきではない”というどこかで耳にした言葉に影響を受けて、推薦で系列大学まで進学できる高校を受験した。そして、慶応義塾高校と青山学院高等部の2つに合格。周囲は慶応進学を薦めたが、中村は青山学院を選択した。

「慶応は男子校だったんですね。受験に行った時、コート脱いで椅子に置いたら、埃がついた。一方、青学は綺麗だし、女性が多く華やかな雰囲気だった。それでぼくは青学に行く、と」
 両親は中村の意思を尊重してくれたが、塾関係者の他、ほとんど面識のない親族にも大反対されたのだと頭を掻いた。 

 彼は高校でもサッカーを続けることを決めていた。しかし――。青山学院高サッカー部に入り、中村は愕然とした。

(つづく)

■田崎健太(たざき・けんた)
 ノンフィクション作家。1968年3月13日京都市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、小学館に入社。『週刊ポスト』編集部などを経て、1999年末に退 社。著書に『cuba ユーウツな楽園』 (アミューズブックス)、『此処ではない何処かへ 広山望の挑戦』 (幻冬舎)、『ジーコジャパン11のブラジル流方程式』 (講談社プラスα文庫)、『W杯ビジネス30年戦争』 (新潮社)、『楽天が巨人に勝つ日−スポーツビジネス下克上−』 (学研新書)、『W杯に群がる男たち—巨大サッカービジネスの闇—』(新潮文庫)、『辺境遊記』(絵・下田昌克 英治出版)、『偶然完全 勝新太郎伝』 (講談社)、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』(集英社インターナショナル)、『ザ・キングファーザー』(カンゼン)。最新刊は『怪童 伊良部秀輝伝』 (講談社)。早稲田大学スポーツ産業研究所招聘研究員。