社員教育にはまず「心」ではなく「形」を揃えることが大事!
中小企業のカリスマ・小山昇氏×『会社はムダが9割』著・山口智朗氏が語る「会社のムダをなくす極意」

小山昇(こやま・のぼる)
株式会社武蔵野代表取締役社長。
1948年生まれ。東京経済大学を卒業し、日本サービスマーチャンダイザー株式会社(現在の株式会社武蔵野)に入社。一時期、独立して自身の会社を経営していたが、1987年に株式会社武蔵野に復帰。1989年に社長に就任し、現在に至る。「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を優良企業に育て、「12年連続増収増益」を達成。
1999年度「電子メッセージング協議会会長賞」、2000年度「日本経営品質賞」、2001年度「経済産業大臣賞」、2004年度、経済産業省が推進する「IT経営百選の最優秀賞」をそれぞれ受賞。日本で初めて、「日本経営品質賞」を二度受賞(2000年度、2010年度)。2001年から同社の経営のしくみを紹介する「経営サポート事業」を展開し、業種横断的に500社以上の会員企業を指導。指導企業のうち、「5社に1社は過去最高益」「13年連続倒産企業ゼロ」を達成。2004年から「1日30万円のかばん持ち」制度を創設。小山昇のかばん持ちをすることで、現場で体感する経営者を日々育成中。現在、約70社・1年半待ちの人気ぶり。そのほか、「実践経営塾」「実践幹部塾」「経営計画書セミナー」など、全国各地で年間240回の講演・セミナーを開催。現場の叡智が詰まった内容は、全国各地から「今日から仕事に役立つ」と現場見学会参加者があとをたたない。机上の空論は一切なし! 実務中心の内容が口コミを呼んでいる。
おもな著書に、『強い会社の教科書』『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』(以上、ダイヤモンド社)、『無担保で16億円借りる小山昇の“実践"銀行交渉術』(あさ出版)、『増補改訂版 仕事ができる人の心得』(CCCメディアハウス)など多数。

小山昇・著
『【決定版】 朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』
ダイヤモンド社/定価1,600円(税別)
 ⇒ Amazonはこちら
 ⇒ 楽天ブックスはこちら

山口智朗(やまぐち・のりあき)
株式会社ISO総合研究所 代表取締役社長
1971年長野県生まれ。神戸大学大学院経営学研究科修士課程修了。
ITベンチャー、コンサルティング会社勤務後、1999年にネットベンチャーを夢見て独立。しかしITの知識がないことに気づきISOのコンサルティングを中心に事業を展開。ISO業界が斜陽になることがわかっていたので他の事業展開を模索するが上手く行かず。2009年のリーマン・ショックでISOコンサルティング事業が一気に崩壊。売上が半減。結果として自分の給与を1年間無給にした。
しかし2010年にISO/Pマーク運用代行サービスと出会い、起業後10年で初めての事業拡大を経験。毎月新規のお客様が40社以上増加、お客様の継続率は90%以上。4年連続で150%以上の売上成長、従業員は2010年から10倍。1,000社以上のお客様を継続的にサポートしている。

山口智朗・著
『会社はムダが9割』
あさ出版/ 定価1,500円(税別)
 ⇒ Amazonはこちら
 ⇒ 楽天ブックスはこちら

編集部からのお知らせ!

関連記事