「派閥争いにうんざり。転職したい!」そんなあなたにお薦めの会社とは?

『社内政治の教科書』第3回
高城 幸司
著者の高城幸司氏

実は、彼は以前、役員間の権力闘争が激しい会社のマーケティング部門に勤めていました。そこでは、ずいぶんとひどい目にあったのです。「俺の許可も得ないで、この広告宣伝を実施することは認めない」と、本来であれば所管外の役員にまで「お伺い」を求められて、そのストレスで体調を壊したこともあったようです。それを考えれば、「仕える」のはまったく苦にならないとニッコリ笑います。

そう考えると、オーナー企業も悪くないと思いませんか?

ただし、オーナー企業で働くときにも、注意しなければならないことがあります。

それは、次回にお話しましょう。

高城幸司(たかぎ・こうじ)
株式会社セレブレイン代表。1964年生まれ。同志社大学卒業後、リクルート入社。リクルートで6年間連続トップセールスに輝き、「伝説のトップセールスマン」として社内外から注目される。そのセールス手法をまとめた『営業マンは心理学者』(PHP研究所)は、10万部を超えるベストセラーとなった。 その後、情報誌『アントレ』の立ち上げに関わり、事業部長、編集長、転職事業の事業部長などを歴任。2005年、リクルート退社。人事戦略コンサルティング会社「セレブレイン」を創業。企業の人事評価制度の構築・人材育成・人材紹介などの事業を展開している。そのなかで、数多くの会社の社内政治の動向や、そのなかで働く管理職の本音を取材してきた。 『上司につける薬』(講談社)、『新しい管理職のルール』(ダイヤモンド社)、『仕事の9割は世間話』(日経プレミアシリーズ)など著書多数。

「課長」から始める社内政治の教科書
高城幸司著
(ダイヤモンド社、1620円)

「ビジネスは合理性。社内政治なんてムダ」。この考え方が危ない。会社は人の坩堝。必ず「政治」がある。その「政治」に背を向けていては、いくらロジカルシンキングが得意でも「仕事」はできない。特に、課長になったら「社内政治」こそが最重要課題となる。「社内政治」という非合理なゲームを生き抜く初の「教科書」。

Amazonはこちらから/楽天ブックスはこちらから

『「課長」から始める 社内政治の教科書』 刊行記念著者セミナー開催!
会社で「やりたいこと」を実現する「政治力」を身につける方法
2014年12月16日(木)19:30~、参加無料!
詳細はこちらからご覧ください。
http://diamond.jp/ud/bkseminar/546c4dc0b31ac92e89000001