Photo by Cristian Newman on Unsplash

「認知症とは、社会脳が壊れる病気である」いかに食い止めるか?

『社会脳からみた認知症』前書き公開!

「前書き図書館」メニューページはこちら

全介護者必読!
「認知症+予備軍1000万人」時代に備える。
記憶障害や知的能力の低下だけではとらえきれない、
患者の「心の変化」とは?
現役世代からの早期発見を可能にする知識とは?
症状を理解し、介護の負担を軽くする新しい視点を、
専門医がやさしく語る。

 認知症は、社会生活を営むうえで不可欠の「社会脳」を破壊するという。突然、怒り出す。平然と他人を無視する。妄想に駆り立てられ、暴力をふるう――。現役世代を襲う「若年性認知症」で特に問題となるこれらの症状は、なぜ現れるのか?

 病状の進行とともに大きく変化していく患者の心の状態を、「脳の機能」の観点から解き明かす社会脳科学によって、“患者本人の性格のせい”にされがちだった介護者泣かせの行動の背後に、脳の病変がひそんでいることが明らかになってきた。家族関係や夫婦関係、職場の人間関係を激変させる“国民病”と向き合うための、新しい認知症のとらえ方――。


はじめに

 秋も深まったある日曜日、私は近くのスーパーに買い物に出かけました。街路樹の葉は落ちて、冬がすぐそこに迫っていました。

 店では、妻の書いたメモに沿って豆腐や野菜をカゴに入れていきます。ふと前を見ると、顔見知りのご婦人がいるではありませんか。弁当とお茶を手に、レジへ向かおうとしています。つかの間、お互いの目が合いました。はっきりと会釈したつもりでしたが、彼女は私に気づくことなく立ち去ってしまいました──。

 その婦人は、私が診ている認知症の患者さんです。勤務先の病院の近くに住んでいる私は、街の中でしばしば認知症の患者さんたちに出会います。そんなとき、今という時代が「認知症の人とともに暮らす時代」であることを実感します。

 認知症の患者さんとは、たとえ目が合って会釈や挨拶をしても、気づいてもらえないことがよくあります。会釈や目配せ(アイコンタクト)に気づく「注意力」が落ちているのでしょう。人の顔を見たとき、その人がこちらに気づいている、会釈をしている、笑っている、怒っている……、といった表情の変化にきちんと気づくことは、人間関係を築くうえできわめて大切なことです。

 認知症の人は、周囲の人の表情や感情の変化に気づく力が落ちている―それは、なぜでしょうか……?

 その理由を考えているときに、「社会脳」ということばを駆使する社会脳科学(社会神経科学)という学問に出会いました。

私たちが社会生活を営むうえで不可欠な機能を担う社会脳に関する勉強を重ねるうちに、〈社会脳科学なら、認知症の人の心や感情の変化などを、より的確に解析できるのではないか〉そんな考えが芽生えてきました。