若き起業家たちよ、立ち上がれ。賞金200万円付きの学生起業家支援プロジェクト「Re-Generate Japan」が始動!

若者のチャレンジを全力でサポート!

Re-Generate Japanでは、第2のステップとして、「IT」と「教育」分野におけるビジネスコンテストを行い、5チーム最大15名を選出する。選ばれたメンバーと2015年3月頃に3泊4日の合宿を行い、地域起業モデルを学び、ビジネスプランをブラッシュアップしたうえで、コンペを行う。さらに、第3のステップとして、そこで選ばれた2チームに、実務経験を積むためのインターンなどの機会を提供し、事業化における具体的なアドバイスをしながら、事業スタートまでの支援を行っていく。

中心となって運営するグローバルシェイパーズ東京ハブのメンバーは意気込みをこう語る。

「私自身が学生の頃からインターンを通じて、事業の立ち上げや様々なプロジェクトに携わってきました。 若い時から色々なことにチャレンジできたことが非常によい経験になっていますので、Re-Generate Japanを通じて新しいことや大きなことを成し遂げられるように学生の皆さんを全力でサポートしていきたいと思っています!」(梅澤亮/ジェイ・シード株式会社 執行役員/ヘイロー株式会社General Manager)

「私がグローバルシェイパーズに選出されたのは震災があった2011年でした。高校3年生だった当時、グローバルシェイパーズの方々と出会い、皆さんの多様なバックグラウンドやお仕事に感動、奮起したことを今でも鮮明に覚えています。私自身は東北の田舎町で生まれ育ち、都市と地方の情報格差を肌で感じ、時には悔しさを感じていました。だからこそ、その格差是正に働きかけたいと考えるようになりました。このプロジェクトには地方を中心に多くの学生に参加してほしいと思っています」(佐藤滉/高崎経済大学3年)

このプロジェクトが完了する2015年10月頃には、次世代を担う学生起業家による新しい事業が生まれているだろう。もちろんそこは単なる始まりにすぎない。どんな若者が、どんな事業を生み出し、未来をつくっていくのか。若者による若者の地方活性化事業化プロジェクト「Re-Generata Japan」の今後に期待したい。