[BCリーグ]
群馬・川尻哲郎監督「来季にいかしたい監督1年目の経験」

スポーツコミュニケーションズ

チャンピオンシップでの反省

 そのザラテを、徳島インディゴソックスとの独立リーグチャンピオンシップでも初戦から投げさせたかったのですが、新潟、石川とのプレーオフで計3試合に登板していることもあり、疲労を考えると無理をさせることはできませんでした。そうすると、やはり先発投手の駒不足という状態に陥り、徳島戦に大きな影響を与えたことは否めません。指揮官としては、やはりもっと早めに勝負を決めていれば、という反省の気持ちもあります。

 結果的に、徳島には1勝することしかできませんでしたが、実力が劣っているとは思いませんでした。徳島はイメージ通り、投手力に優れたチームでした。特に、プロ野球ドラフトに指名された入野貴大投手の球威や変化球のキレは、BCリーグにはいないレベルのもので、とても手こずりました。しかし、全体的に見ると個人個人の力は、群馬の方が上だった印象があります。では、何が徳島は上回っていたのか。それはチーム力だったと感じています。

 徳島は昨年、石川に1勝しかできずに涙をのみました。その悔しい思いが強く残っていたこともあったのでしょう。チームがひとつになっている感じを受けました。翻って群馬の方は、個性の強い選手が多く、それ故にもうひとつ一枚岩になれなかったところがあったのではないかと思います。

 5試合の中で、私が一番反省している試合といえば、第2戦です。7回表に6点を奪って3点差を一気にひっくり返したのですが、その裏に追いつかれて、結局は降雨コールドでドローに終わりました。これは、私の采配ミスだったと思っています。7回表にカラバイヨの3ランなどで逆転したその裏、1死後に2ランを打たれて1点差に詰められると、私はピッチャーをクローザーのレボ・ロメロ(ベネズエラ)に代えました。

 すると、ロメロがマウンドが荒れていることを気にして「整備して欲しい」と依頼してきたのです。そこでグラウンド整備が入り、試合は一時中断しました。今にして考えれば、この時の整備の時間がなければ、試合の流れは変わっていたかもしれません。もう少しロメロとコミュニケーションをしっかりととって、整備せずに投げさせることもできたと思うのです。

 そして、最終戦となった第5戦も反省しきりの試合となりました。同点で迎えた最終回に守りのエラーで先頭打者を出し、四球でランナーをためた後、2本のタイムリーを打たれて3失点。シーズン最後の試合を自分たちのミスで終えてしまったことは非常に残念でなりませんでした。しかし、選手たちも守備がいかに大事かを身をもって知ることができた、貴重な試合となったことと思います。これを来季にいかさない手はありません。