40歳以上のひきこもりは100万人!なぜこんな国になったのか

200社応募しても採用されない人たち
西村博之, 池上正樹

「譲ってしまう」人たち

ひろゆき 最近関わっている会社で求人したんですけど、応募がすごく来るんですよ。で、だいたい3秒ぐらいで「あっ、この人ダメだな」というのがすぐわかるようになるんです。

たしかに20代のうちで失業期間が多少あるとかなら、育てられる余地がありそうだとは思います。でも、失業期間が2年以上とかで40(歳)超えています、50(歳)超えていますという人をいま入れて、仕事を教えて、10年かけて育てたとしても、その後数年でいなくなってしまうじゃないですか。

それだったら20代のほうが(賃金も)安いし、失敗したとしても「もう一度転職したら」といえるけど、40(歳)、50(歳)の人だとさらに転職するのは相当大変じゃないですか。

そうすると、「年上(の人)はとりあえず採るのはやめよう」となっちゃうんです。

そういう人たちがひたすらいろんなところに応募しまくって、ゴールのないところにひたすらグルグル動いてしまっている状況なのかな、と思うんですけど。

 

池上 本当にそうですよね。ゴールが見えないんですよ。

ひろゆき もともと、たぶん経験のない40(歳)以上を正社員でとりたい会社ってほぼないと思うんです。いまの日本って。でもなんか、「そうしないといけない」という社会の圧力があって……。

カラ求人も含めて、そういうのがあるとうすうす感じながらも、みんな必死になって探している。で、やはり実際には「もうないんです」っていう気がするんです。

池上 本当にもう、みんなが「何もない」とわかっていながらも、舞台で演じ続けているような話になっているんです。でも、親たちも周囲も親戚も含めて、やっぱり「正規社員になってほしい」っていうのがあるという……。

いま言ったように、仕事自体はないっていうかマッチング自体が難しいということになったら、事業を新たに作り出すか、新たな仕事を創出していかないといけない。

本人たちはそういう意向があるんですけど、親が「そんなことでは生活していけない」って言うんです。そういうミスマッチというかね。

ひろゆき 会社員の経験のない人が、会社的なものをつくって売り上げをいちから叩きだすというのは、相当ハードルが高いですからね。

まだ会社員のほうがハードルは低いですよ。正社員じゃなくてバイトからはじめて経験を積んでっていうのは、都会だとやりやすいと思うんですが。

池上 いまやそのバイトも、ハードルが高いんですって。

ひろゆき ん~、たしかにバイトも40(歳)過ぎたら採りづらいですもんねえ。教える側も30代とかじゃないですか。年上で未経験っていうのは大変なんですよ、なるべく使いたくない、みたいな。

池上 ひきこもりになる人たちの特性というのがあって、『大人のひきこもり』にも書いたのですが、すごくこう、「譲ってしまう」人たちなんです。

イスがひとつしかなくても、イスをとりにいかなくて、他に欲しいと思う人がいると思ったら、シュッと退いてしまって「どうぞ、どうぞ」と譲るようなやさしい感じの人たちで、むしろ無神経に取りに行くような人たちはひきこもらないんですよね。

ひろゆき 面接で多少ウソをつけるような人のほうが、受かるんですよね。バカ正直な人だと、なかなか……。

池上 相談を受けたとき、「余計なことはこちらから言わなくてもいいんだよ」とかアドバイスしても、「ウソはつけなかった」「正直に全部話しちゃいました」と言うんです。

ひろゆき 面接で話を聞くと、「ああ、この人が落ちた理由がわかる」っていうぐらい、正直に答えるんですよ。

「何社も受けているんです」って……。「じゃあ、ウチも採るのやめよう」とついなってしまうのですが、それを(こちらとしては)なかなか言えないんです。

池上 どういうふうにして行ったらいいんでしょうねえ。

相互扶助の精神が薄れた

ひろゆき 国に頼ったほうがいいと思いますけどね。普通に生活保護を受けて暮らす、とか。

昔だったら大きな会社がそんな人たちの受け皿となって、なんとか雇用していましたが、いまはもうそんな余裕がないじゃないですか。リストラもありますし。

じゃあ、今やっている会社で10年後も同じ事業をしている会社ってわからない時代なので、正社員というのはなかなか採れない。

会社に所属してその会社に教えてもらおう、手助けしてもらおうというのはたぶんもう無理な時代になっているんだと思うんです。そうなると、生活保護を受けながらつましく暮らすしかないのでは、という気がします。

池上 そういう人たちもいる一方で、私が聞いている限りでは、生活保護を受けたがらず、自分は他人に迷惑をかけたくない、という人が多いんです。

ひろゆき 僕の友達にも、まあ仕事が全然見つからないので生活保護を受けようとしたら、親戚筋に「世間体が悪いから受けるな」といわれ、毎月2万円ぐらいの仕送りを受けながら仕事を探している40(歳)過ぎの人がいます。

でも「えー、キミ、それってアウトだよね」って話をしていますが。

池上 いるんですよね、親から「生活保護を受けないでくれ」って。

ひろゆき 親戚筋のほうが「支援します」といっちゃうと、生活保護が下りないらしいんですよ。

池上 あっ、それもよくありますね。せっかく本人がやる気になっても、今度は親戚が断ったり、ウソをついて「こっちで面倒見ますから」という話はたくさんありますね。

ひろゆき さっさと生活保護を受けたほうがいいと思いますけどね。だって、基本、いい人たちじゃないですか。

それだったら、NPOとか介護だったりとか相談役だったりとか、お金にはならないけど人の役に立つ仕事っていうのをやってもらって、あとは生活保護で暮らすっていうぐらいのほうが、何もしないでいてもらうよりも、ずっといいと思うんですよ。