第94回 ベーブ・ルース(その一)生涯本塁打714本。野球の神様は、「不良児」のときに恩師と出会った

福田 和也

「立派な成績をのこしたら、もっと沢山かせげるよ」

マシアスは、セントメリーの最後の二シーズンの間、ベーブがなるべく野球ができるように心がけてくれた。
しかし彼は、遊びの時間と仕事時間の区別をよく心得ていた。
ベーブは、球場に行くために授業をサボることは出来なかったし、裁縫工場でやるべき仕事を後回しにすることはできなかった。
仕立屋は、ベーブの本職であり、二十一歳になればセントメリーを出ていかなければならなかった。

ベーブ・ルース(1895~1948)本名はジョージ・ハーマン・ルース・ジュニア。幼少時代は非行に手を染め感化院に入れられた

だが、結局、野球が勝利した。
球界の名物男だったジャック・ダンは、ベーブに興味津々だった。
ダンは、率直に話をもちかけた。

「君の事はよく知っている。どうだい、オリオールズと契約するつもりはないかい?」

「ぼくに給料をくれると云うんですか・・・・・・」

ベーブは息を弾ませた。

そうだよ、とダンは云った。
まず、年俸六百ドルからはじめようじゃないか・・・・・・。
ベーブは、彼らが話していることが、まったく理解できなかった。

「そうだよベーブ、六百ドルからはじめようじゃないか。君が立派な成績をのこしたら、もっと沢山かせげるよ」

後年、ベーブは、ニューヨーク・ヤンキースと年八万ドルで契約を結んで球界の度胆をぬいたが、セントメリーでの六百ドルが世界中の富の全部であるかのように興奮した。

セントメリーを去った日、ベーブは停車場から馬車に乗った。
停車場のホームには、ほかの選手たちもいた―お互いによく知り合っている連中で、自信たっぷりに話をしていた。
ベーブに関心をもつ選手は、いなかった。
そしてそれは、どうでもいい事だった。
肝心な事は、ベーブがボルチモアから離れると云う事だったのである。
汽車に乗るのも初めてだった。
列車は翌朝早くファイエットヴィルについたが、一九一四年のシーズンにオリオールズに土がついた。

ベーブという新米が投球する方の腕を過剰にかばったため逆に、痙攣を起こしたからだ、というのである。

『週刊現代』2014年10月4日号より

【絶好調のメルマガ】週刊 SUPER Shimaji-Holic
価格:1000円(税抜)


<72歳まで生きてきて少し分かったことがある。それは「人生は運と縁とセンスである」ということだ。人生は真にままならないものではあるが、運と縁とセンスに恵まれていれば、仕事も遊びも恋情も友情も何とかなるのではないだろうか。---島地勝彦>

自称「ネット・キング」こと島地勝彦が、あなたの1週間をジャック!メルマガでは「神さまからえこひいきされた男たちの物語」をはじめ、読者からの質問につぶやきでこたえる「つぶやき一問一答」も展開。ぜひ島地勝彦の「冥途までの暇つぶし」にどうぞお付き合いください。