あの敗戦が教えてくれた、勝ちっぱなしの人生なんてない。元高校球児たちが語る甲子園は私の先生でした

東邦・バンビ坂本 秋田経法大附属・中川申也 横浜商業・三浦将明 沖縄水産・大野倫ほか
週刊現代 プロフィール

「目上の方との接し方、後輩への指導の仕方など、社会人は様々なコミュニケーションが求められますよね。そういうとき、勝ちっぱなしのまま野球を終え、驕った人間にならなくて良かったなと思うんです」

'61年の夏にも、「最強」と呼ばれたチームはあった。元巨人の柴田勲率いる法政二高。'60年の夏の優勝に続き、'61年の春も優勝。投打とも圧倒的な力があった法政二高の目標は当然、3季連続の全国制覇だった。

しかしその野望は、準決勝で、浪商の怪童・尾崎行雄に打ち砕かれた。

法政二高で右翼手を務めた五明公男(71歳)が語る。

「尾崎とは前年の夏、同年の春に続く3度目の対戦だった。彼のボールには、『もう負けたくない』という気迫がこもっていた。元々速かったボールがさらに重くなっていた。私はそれまでバントを失敗したことがなかったんですが、その試合で初めて失敗したのを覚えています」

負けてよかった。今そう思う

負けるはずがない、そう思い上がっていた法政二高ナインは敗戦後、宿舎までのバスのなかで号泣した。

「いまも柴田ら高校の同期とは年に1~2回集まっているんですが、そのとき必ず話すのは驕りがあった、ということ。私たちが3年のときに、厳しかった恩師の田丸(仁)監督が退任なさって、みんな練習しなくなった。だから負けてよかったんです。もしあれで勝っていたら、とんでもなく勘違いしたまま、大人になっていました」

五明はその後、法政大学の野球部で監督になり、江川卓らを指導。監督を退任した後も法政に残り、スポーツ健康学部の教授を勤め上げた。

「甲子園に出ていなければ、まったく別の人生を送っていた」

そう言い切るのは、'80年に甲子園に出場した、東京・国立高校の元捕手・川幡卓也(51歳)だ。エース・市川武史と共に、川幡はチームの中心選手だった。

都立勢初、それも「超」がつく名門進学校である国立高校が、甲子園に出場する。判官びいきの高校野球ファンは、こぞって国立を応援した。甲子園は、国立がストライクを取っただけで大歓声があがった。

しかし、1回戦の相手は前年の覇者・箕島だった。力の差は歴然で、5—0の完封負け。国立の挑戦は初戦で終わった。

川幡は卒業後、一浪し、東大へ進学した。