[アイランドリーグ]
高知・弘田澄男監督「変化球打ちの効果的な練習法」

スポーツコミュニケーションズ

試合で徹底して変化球狙いを

 たとえばマシン打撃。気持ち良く自分の好きなコースのストレートだけを打っていても、バッティングのレベルは上がりません。果たして実戦で、そのコースにピッチャーが投げてくれる確率はどのくらいあるでしょうか。相手が投げミスをしない限り、自分の好きなところにボールは来ないはずです。

 そうであれば、打ちにくいコースに対処する練習をマシンでもしておくべきでしょう。たとえばインコースのストレートにタイミングを合わせ、マシンからのボールが内側に逸れても、きっちり打ち返す。その構えの中で真ん中も、外も打ち分ける。ただ、漠然と数をこなすのではなく、実戦を想定したバッティングをしてほしいものです。

 もっと言えば、実際の試合も課題を克服する場ととらえるべきです。高知の選手たちは変化球を苦手にしている選手がほとんど。変化球打ちを身につけるには、実戦でピッチャーのボールを打ってみるしかありません。

 仮に相手ピッチャーがスライダー、フォーク、チェンジアップと3つの変化球を投げるとしましょう。フォークやチェンジアップは決め球ですから、カウントを取りに来る変化球としてはスライダーを投げる確率が高いはずです。ならば、初球からスライダーを待ってみてはどうでしょうか。

 実際にスライダーが来て、打ってみればタイミングの取り方などがつかめます。その感覚を大事にして、普段の練習に臨み、また試合でスライダーを打ってみる。その繰り返しで変化球をとらえられるようになるのです。もし狙いが外れ、スライダーが来ずに三振に倒れたら仕方ありません。そのくらいの割り切りが大切です。

 結果だけを求めてストレートを狙っていては、いつまで経ってもレベルアップは図れません。しかも、打率は2割そこそこなのですから、1打席を変化球打ちの練習に充てても大差ないでしょう。こういった提案を選手たちにはしているのですが、どうしても試合になると目先のヒットを欲張ってしまいます。