[アイランドリーグ]
香川・寺田哲也「理想は完全試合右腕・八木沢荘六」

~注目選手に訊くVol.1~
スポーツコミュニケーションズ

フォークの習得がテーマ

伊藤コーチはスライダー以外に「もうひとつ武器になるボールを身につけてほしい」と指摘する。

――伊藤秀範(元東京ヤクルト)投手コーチからは、「変化球の精度を高めること」がNPB行きの条件に挙げられています。この点はどのように克服しようとしていますか。
寺田: 変化球はずっと課題と言われています。甘いコースに行って打たれる確率が高い。特に追い込んでから、コースと高さを間違えないように投げることが大切です。ドラフトまでに、どこまでレベルを上げていけるかが勝負になると感じています。

――具体的には、どの球種を磨こうと?
寺田: この2、3年、フォークボールをモノにしたいと取り組んできました。香川に来て、チームメイトの田村雅樹に聞いたら、少し浅めに握って指を縫い目にかけ、コントロールしやすいかたちで投げていたんです。僕も試してみたら、しっくりきて真っすぐと同じ感覚で放れました。実戦で使えるレベルになってきたので、前期の後半あたりから試合でも使うようにしています。

――プロ野球選手は小さい頃からの夢だったと思いますが、実際に意識し始めたのは?
寺田: 心の底からプロに行きたいと思ったのは作新学院大の4年頃です。大学時代はあまり野球をちゃんと取り組んでいなくて、いざ最終学年になってみると続けられる環境が見つからなかった。野球をやりたいと改めて強く思った時に、プロの選手になるとの目標が具体的に出てきました。

――独立リーグはNPBと数多く実戦経験が積める点も他のアマチュアにはない強みです。実際に対戦してみての印象は?
寺田: う~ん、印象がどうというより、いつもNPBとの対戦では、僕が彼らより優れていることを証明しようと意識していますね。ちょっと生意気かもしれないけど、この人たちのユニホームを脱がさない限り、僕がその場に立つことはできない。特に支配下登録の2ケタの背番号の選手には「絶対に打たれてたまるか」との気持ちで投げています。