2014.07.17

ラグビー大畑大介が実践した
サプリメントに頼らない体づくり

これまでアスリートの練習場やトレーニング施設を取材で度々訪問し、さまざまなサプリメントを目にしてきた。プロテイン、BCAA、クレアチン、グルタミン、マグネシウム、ビタミン類と、その種類は数えきれないほどである。独自にサプリメント会社と契約して商品提供を受けているアスリートも非常に多い。

ところが、そんな中で「サプリメントは摂取しない」というアスリートがいた。すでに引退しているが、現役時代は日本代表として活躍したトップアスリートだ。その肉体美も話題になり、「まさかあの体をサプリメントなしで?」と疑ってしまうほどだ。

体が欲するものを、欲したときに食べる

神戸製鋼時代の大畑大介。圧倒的身体能力を誇った

そのアスリートとは、ラグビー元日本代表の大畑大介である。

大畑は小学生の頃にラグビーを始め、東海大学付属仰星高校、京都産業大学のラグビー部で活躍後、ジャパンラグビートップリーグの神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属。海外でのプレーも経験し、35歳になるまで現役を続けた。

激しいコンタクトスポーツであるにも関わらず、大畑が体づくりにおいてサプリメントを一切摂取しなかったのは何故なのだろうか。

「サプリメントを飲まなくなったのは、こだわりというよりも、最初にプロテインを飲んだときにおいしくないと思ったからなんです(笑)。

学生のときに栄養アドバイザーの方から『朝はコレ、練習後はコレ、寝る前はコレを飲んでください』と指示を受けたんですけど、僕はそういうルーティンを守れるタイプではないので、よく余らせちゃったんですよ。

飲まなくちゃいけないと思うことがだんだんストレスになってしまって、自分には向いていないのかなと思って摂取するのをやめました。でも摂取してもしなくても、そんなに違いは感じなかったんですよね」(大畑)

サプリメントの摂取というルーティンから解放された大畑は、それ以来「体が欲しているものを食べる」というスタンスを貫いた。アスリートがあまり積極的に食さない油ものや甘いものも、体が欲すれば我慢せずに口にしたという。

「自分の体のことは自分がいちばんわかっていると思うんです。だから食べたいものを食べたいときに食べる。不摂生というわけではなく、基本的な配慮はした上での話です。

でも、あくまでそれは僕の方法なので、アスリートそれぞれ考え方は違うと思います。あとは、サプリメントのように加工されたものよりも、ナチュラルなもののほうがいいという考えはありました。食べ物もアスリートも天然モノがいちばんだと思うんですよね。だから、天然の食べ物で作られたアスリートだって実はすごいんだというのを示したかった気持ちもあります」

現在は追手門学院大学女子ラグビー部のGMとして五輪出場を目指す
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事