[サッカー]
風間八宏×二宮清純<後編>「個と組織の利益が一致するチームを」

W杯スペシャル対談
スポーツコミュニケーションズ

「アピール」はいらない!

二宮: ただ、近年は小さい頃から指導がマニュアル化されていて、教わることを待っている選手も多いようです。その点はどうアプローチするのでしょう?
風間: 確かに僕のやり方に戸惑っている若手や新加入の選手は少なくないですね(苦笑)。「何を教えてくれるんだろう?」と指示を待っているんです。試合になっても、ベンチの方ばかり見ている。僕は、そんな細かく指示を出すようなサッカーはしていませんよ。だから、そういう選手は途中交代させることもありますね。

二宮: “指示待ち族”ではいけないと?
風間: たとえ僕が指示を出しても、プレーするのは選手。指示を無視してもゴールを決めてくれればいいんです。僕なんか、いくら周りから言われても“最終的にやるのはオレだ”と思っていましたから(笑)。僕たちの時代はレベルが低かったですけど、今の選手たちがもっと自分の感覚を大切にしてくれれば、ものすごく成長するはずです。現に川崎でも、僕の指示とは違うサイドから攻めてゴールを決めてくれたことがあります。「あ、そういうこともできるんだ」と見ていておもしろいし、勉強になるんです。

二宮: むしろ少々、枠をはみ出すような選手でないと大成しないとも言えますね。
風間: 枠があって、それを突き破るエネルギーがあるなら、最初から縛りがない状態ですべて発散させたほうがいい。よく組織と個のバランスと言われますが、僕は両方の利益が一致しなくてはならないと考えています。現役時代、広島のスチュワート・バクスター監督(当時)から僕とハシェックに対しては「周りに合わせてプレーしてくれ」と言われて、試合では力をセーブしていました。チームは勝っているけど、個人的にはおもしろくない。その板挟みで悩んだ時期があったんです。だから、指導者になってからは、それぞれの選手が能力を100%出した結果が、組織の成功につながるチームを目指そうと意識しています。

二宮: 組織か個か、という二者択一の思考法ではなく、両方がwin-winになる関係を築ければ理想でしょうね。
風間: 選手である以上、勝ちたくない選手はいません。こちらがヘンな規制をかけなければ、個人の利益と組織の利益は自然と一致するはずです。ただ、日本には個の力を出させる際に、不思議な言葉が出てきてしまう。それは「アピール」です。

二宮: というのは?
風間: 「アピールしろ」と言うと、多くの選手はがむしゃらに自分のやりたいプレーに走ってしまう。それは全く個の利益にも、組織の利益にもなりません。周りから浮いてしまうだけ。本当に個の力が出せる組織は「アピールしろ」と要求しなくても、それぞれが能力を発揮してくれるはずです。

二宮: まだまだW杯は続きますが、大会が終わればJリーグも再開します。現在、川崎はリーグ戦8位。後半戦に向けて、どんな準備をしていきますか。
風間: チームスタイルがほぼ確立されて、どんな相手でも戦えるイメージが明確になってきたと思います。では、何をすべきか。これを具体的に取り組んでいくつもりです。我々のサッカーに対して相手はゴール前を固めてきますから、どうやって崩すか。相手DFからフリーになるにはパス、ドリブル、動き出し、この3つしか方法はありません。特にその中でパスで相手を外すことを追求していきたいですね。監督3年目で個々のレベルは上がってきているので、もっともっとおもしろいサッカーを提供したい。

二宮: リーグ戦は古巣の広島が連覇中です。攻守にバランスのとれた広島のスタイルは素晴らしいとはいえ、待ったをかけるクラブが出てきてほしいとの声も聞こえてきます。
風間: Jリーグは観る者に驚きを与えなくてはいけないと考えています。ひとつひとつのプレーのみならず、シーズン通じてファンやサポーターをビックリさせたい。当然、広島に3連覇を許すわけにはいきません。これは他のクラブも同じ思いでしょう。だから再開後のJリーグは間違いなくおもしろくなる。その中でファン・サポーターの期待にぜひ応えたいですね。

<風間八宏(かざま・やひろ)プロフィール>
1961年10月16日、静岡県出身。現役時代のポジションはMF。清水市商高を経て、筑波大時代から日本代表にも選出。国際Aマッチは19試合に出場。 卒業後はドイツに渡り、5年間プレー。帰国後はマツダSC(現サンフレッチェ広島)入り。93年のJリーグ発足時には開幕戦で日本人選手のリーグ初ゴール をあげる。クラブの中心選手として94年のファーストステージ優勝にも貢献した。その後、再びドイツに渡り、97年に引退。メディアでの解説の傍ら、桐蔭横浜大や筑波大学の監督として学生を指導。また06年からは日本サッカー協会特任理事、08年からは同理事を務めた。12年のシーズン途中から川崎フロンターレの監督に就任。昨季はリーグ戦3位に入り、AFCチャンピオンズリーグ出場権獲得に導いた。

(対談写真:金澤智康、構成:石田洋之)