[サッカー]
風間八宏×二宮清純<後編>「個と組織の利益が一致するチームを」

W杯スペシャル対談
スポーツコミュニケーションズ

組織を動かすには上から変える

二宮: チームカラーをつくるにはそれなりの時間が必要です。現場だけでなく、フロントも考えを共有しないとうまくいかないでしょう?
風間: 僕が監督就任の打診があった時に、社長や強化部長から「攻撃的なサッカーの基盤をしっかりつくりたい」と話がありました。だから、こちらとしても腹をくくってやれるし、やらなくてはいけない。今は下部組織でもトップチームで求めるものを表現するには何が必要か、逆算して選手たちに指導し始めています。おかげさまでファンやサポーターの皆さんも我々の目指すサッカーに少なからず共感して、応援してもらっている。クラブが一体となって、良い方向に変わりつつあると実感しています。

二宮: これはビジネスの現場でも言えることですが、人や組織づくりで大切なのは、皆が同じ方向を向き、最初はうまくいかなくても、我慢の“コンセンサス”ができるかどうか。風間さんが監督としてチームを率いるにあたって一番、心がけていることは?
風間: 組織を動かすには、上から変える。これが僕のポリシーです。リーダーが変われば、自ずと他もついてくる。僕の経験上、下を変えて上が変わらないことはありますが、その逆はない。サッカーのチームでいえば、柱となる主力選手の意識を変えていく。そうすれば、皆が主力を追いかけるように伸びていくんです。

二宮: 川崎でいえばMF中村憲剛選手あたりから監督の考えを浸透させていったと?
風間: 彼は技術に加えて、理解力もある選手だったので、その点ではやりやすかったですね。憲剛の要求が変わると周りの選手たちの動きも違ってくる。今は(FW大久保)嘉人もいますから、憲剛と2人で、MF大島(僚太)に高い次元を求めれば、彼だってやらざるを得ない。アスリートは皆、負けず嫌いですから、ひとりレベルが上がってくると、周りも競い合って良くなってくるんですよ。

二宮: ただ、要求があまりにも高すぎると、選手たちはついてこられなくなる。この点は指導者として誰に何を求めるか、見極めが大事になりますね。
風間: もちろんです。選手の段階に応じて少しずつ要求の度合いを高めていく。選手にとって一番イヤなのは“やらされている”と感じること。これではいくらやってもうまくならない。僕はいつも、こう言っています。「オレが言ったことを、その通りにやらなくていい。もっと、いい答えを出せるなら、その方法でやってくれ」と。当然、各選手に求められるレベルはありますが、そこに到達する道筋はひとつではない。この部分では選手を縛らないように気をつけています。