[サッカー]
風間八宏×二宮清純<後編>「個と組織の利益が一致するチームを」

W杯スペシャル対談
スポーツコミュニケーションズ

守備の指示は出さない!?

二宮: リーグの質を上げる意味でも、各クラブはもっと特色を出したほうがいいのではないでしょうか。クラブに色があれば、それに合った選手が自ずと集まってくるはずです。
風間: そうですね。最近の選手は「海外に行きたい」という夢を皆が持っていて、それ自体は決して悪いことではありません。でも、「海外のどんなクラブで、どんなサッカーをやりたいの?」という問いで挙がってくるのはいくつかのビッグクラブだけでしょう。実際、そこに行ける選手は一握り。単に海外に行くことだけが目標では個性を発揮できないままで終わってしまう可能性も否めない。日本の中で各クラブが「海外に行かなくても、こんなサッカーをやれるよ」と魅力を提示することは大切だと感じます。

二宮: その点、風間さん率いる川崎はチームカラーが明確な印象を受けます。相手より1点でも多く得点を奪う。そのために就任時から選手たちにはゴールを決める上での方法論を指導してきました。守備からチームづくりをしていくクラブが多い中、日本では珍しいやり方ではないでしょうか。
風間: 僕の考えでは、自陣のペナルティエリアから相手のペナルティエリアの間のゾーンは方程式みたいなのものです。この方程式をどうやってつくるかを多くの人は考えます。ただ、答えを持たずに方程式を解こうとしても、いざゴールに近づいたら、どうしていいのか分からなくなってしまうのではないでしょうか。だから僕は、まずペナルティエリアに入り、そこでシュートを打つことを答えとして掲げるんです。

二宮: ゴールから逆算方式でサッカーを組み立てるということですね。
風間: たとえば「チャンスをたくさんつくれ」と言われても、何がチャンスなのかを選手たちが理解していないと答えにはたどりつけない。答えが明確になれば、個々の選手やポジションによってやるべきことが見えてくる。答えを先に示してから取り組むので、方程式づくりには時間がかかりますが(苦笑)、全員が共通した答えを持つことを何より重視しています。

二宮: 就任してしばらく守備に関しては、ほとんど指示を出さなかったとか。
風間: 1年間、敢えて“守備”という言葉は使わなかったんですよ。「とにかく攻めればいいんだ」と選手に伝えたら、最初はキョトンとしていました(笑)。だから、しばらくは、いくら点を獲っても、失点も多かったんです。これは想定の範囲内でした。こちらが守備のことを言うと、どうしても選手の意識はそちらにいってしまう。「攻撃している間は相手から攻められない」。最初にこの原則を理解してほしかったんです。

二宮: 攻撃が最大の防御になる、というわけですね。
風間: 攻撃的サッカーを目指すなら、このくらい徹底して、我慢する期間がないと具現化できないですよ。もちろん攻撃が90分間続くわけではないので、攻め込まれる時もある。そのパターンを整理したら基本はカウンター。だから、そのケアをきっちりすればいい。こうしてチーム内の方針が明確になっていくんです。