2014.06.30

梅澤亮×高宮慎一×高岡美緒「起業家には大きな夢と実現性の両方をもっていてほしい」

Global Shaper Session 2014
グローバル・シェイパーズ・コミュニティ

人と違う視点を持ち、実現に向けて考え続けている人が勝つ

会場からは、「投資側としてどのような方針でサポートしているのか」という質問があった。

高岡氏は、マネックスが金融スタートアップから上場まで成長するにあたって培ったノウハウや人脈、規制への対応や省庁とのやりとりのノウハウ、次のラウンドに参加する投資家の紹介など金融人脈、140万人を超えるお客様を誇る金融機関としてのお客様へのアクセスを提供できること、必要とされればいつでも代表の松本大氏やや金融関連のベンチャー経営者である投資委員会メンバーからのアドバイスを受けられることなど、マネックスベンチャーズの多様なサポートを挙げた。

高宮氏は、経営ファンクションのカギとなるオペレーションの支援について述べ、グロービスでは、「経営レベルのサポートに加え、3R: HR(採用)、IR(企業経営者による投資家向けの広報活動)、PR(広報)」で支援しているという。

最後に高岡氏、高宮氏がそれぞれメッセージを投げかけた。

「帰国子女や女性ということもあり、視点や考え方が違うことが評価されてきた。人と同じことをやっても戦えないので、常に違う視点を持ち、実現に向けて考え続けている人が勝つと思う。現状に満足せず、みんなと違う視点を持ってほしい」(高岡氏)

「アメリカでインターンをしたとき、なにをやりたいのか、どのように道筋を立てていくのか悩んだ。悩んだときは、自分の本質的にやりたいことをやりきることが大事だと思う」(高宮氏)

「新しい発想ができること」「ブレないことと柔軟な判断変更ができること」「大きな夢と現実性」「常に違う視点を持ち、実現に向けて考え続る」「やりたいことをやりきる」など、起業家のみならず、日々、意識したいメッセージがちりばめられたセッションだった。

【構成/佐藤慶一】

関連記事