初めての中国人との会合で注意すべきこと

『現代ビジネスブレイブ リーダーシップマガジン』---リチャード・ブランソン「世界を変える経営」より
〔PHOTO〕gettyimages by Thinkstock

ナメられないように、ヒゲを生やしたほうがいい?

【質問】 来月、仕入れ先となりそうな業者に会いに、初めて中国へ出張します。事前に知っておいたほうがいいことや、振る舞い方など、アドバイスをいただけますか? 現在22歳なので、なるべく軽く見られないように、スーツを着てヒゲを生やしていったほうがいいでしょか?(サイモン・スタンフィールド、ロンドン)

* * *

――ブランソン: サイモンさん、あなたの事前準備には感心します。でも、ヒゲを伸ばす必要はいまのところないでしょう。

慣れない環境での交渉事は、かなりのストレスです。ですから着飾りすぎたり、逆にカジュアルにしすぎたり、あるいは現地のビジネス習慣では当然のことを知らなかったというような、自信喪失に陥る状況に自分を置かないことが、事前準備の目的となります。

しかし、この私が、スーツについて質問されるなんて、不思議なことです。というのも、ヴァージンをはじめた当時は「もしリチャードが、スーツを着て銀行の支店長と会うようになったら、その時は、ヴァージンが深刻な問題に巻き込まれてるってことさ!」とスタッフが冗談でよく話していたからです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら