ケータイ&スマホの通話料を大幅削減!
「カケホーダイ」で電話が変わる

〔PHOTO〕Thinkstock by gettyimages

他キャリアや固定電話でもOK!国内通話が24時間完全定額(※1)

 6月1日からサービスを開始したドコモの新料金プラン「カケホーダイ」。国内通話なら、ドコモ以外のキャリアや固定電話でも、24時間いつでも何時間(※2)通話しても、通話料が定額の衝撃的なプランだ。

 「カケホーダイプラン(※3)は、スマートフォン(スマホ)なら2,700円/月フィーチャーフォン(従来のケータイ)の場合は2,200円/月で利用できる。キャリアや時間帯、回数などのわずらわしい制限がなく、国内通話ならOKとシンプルで分かりやすい。

 スマホやケータイからよく電話をかけていた人はもちろん、今まで通話料を気にして電話を控えていた人にも朗報だろう。また、固定電話と使いわけていた人や、通話用ケータイとの2台持ちをしていた人は、電話を1本にまとめられて魅力的だ。

 そこで、次ページ以降では、通話料がお得になった事例を紹介する。

〔PHOTO〕
Thinkstock by gettyimages

 昨年春から地方に単身赴任中の鈴木龍平さん(仮名、38歳)。東京の実家に妻と小学生の2人の娘がいる。

 仕事が忙しいのと交通費の負担を考えると、なかなか頻繁に帰省することができない。そんな鈴木さんにとっての楽しみは、週末に自宅に電話をして、2人の娘から1週間の出来事を聞いたりすることだ。これが単身赴任の寂しい生活の支えにもなっている。長電話になると通話料がどうしても気になっていたが、「カケホーダイ」にしてからは安心だ。

 また、単身赴任で身の回りの作業を自分ですることが多いが、赴任先のマンションに固定電話がなく、電話は全てスマホからかけている。食事の出前を頼むときや、病院の予約、家電の修理依頼など、日頃のちょっとしたことで発生する通話料も負担になっていたが、それも「カケホーダイ」で解決された。

「単身赴任でなにかと電話をする機会が増えたなかで、通話料を気にせず過ごせるのはうれしいですね」と鈴木さんは笑顔で話す。
 

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら