池江泰寿調教師が語る
「ステイゴールド」と血統の魅力、そして「アッシュゴールド」

『黄金の旅路 人智を超えた馬・ステイゴールドの物語』番外編インタビュー
石田 敏徳

──現役生活最後の秋、それだけの激しさ、我の強さを矯正するために、様々な工夫を凝らしたという話は、『黄金の旅路 人智を超えた馬・ステイゴールドの物語』にも書きました。それが実を結んでラストランでのGⅠ制覇という劇的な勝利に繋がったわけですが、その香港ヴァーズでも最後の直線では突然、右側に斜行し、いったんは絶体絶命と思える状況に追い込まれました。

池江:ステイゴールドがレースで右側にもたれたのはあのときだけなんです。片側ブリンカーで視界を遮られているから左側には行けない。じゃあ右に行ってやれ、というね(笑)。常に何かをしでかして、「人間を困らせてやろう」と思っているようなところがあった馬ですから、あの斜行もそうした習性の表れだったんでしょう。

まさかここまで成功するとは……

──しかし武豊騎手の“マジック”が炸裂して、そこから奇跡的な差し切りを飾ります。本書にも書きましたが、あの勝利は種牡馬としての命運を左右する大きな1勝だったと思います。

池江:そうですね。ああいう強烈な勝ち方をすると、いい繁殖牝馬が集まりますから。逆にいえば、あのとき勝っていなければ、埋もれてしまっていてもおかしくはなかったと思いますよ。

──とはいえ種牡馬入りの当初、あのステイゴールドからこれだけコンスタントに大物が出てくるというイメージは誰も描けなかったはずです。

池江:僕もちょっと、ここまでの成功は想像できなかったですね。特に三冠馬、オルフェーヴル級の大物が出るとは思っていなかった。ステイゴールドが種牡馬入りした時期、サンデーサイレンスの直子の種牡馬って他にもたくさんいたじゃないですか。しかもGⅠをいくつも勝っている馬が何頭もいました。それらの馬に対してステイゴールドはGⅠ勝ちが1勝だけ、馬格は小さいし、社台スタリオンステーションにも入れなかったわけです。だからここまでの成功を収めるなんて、「まさか」というのが正直なところですよね。

──現実にこれだけの成功を収めていることについてはどんな感想を持っていますか?

池江:もう、単純に嬉しいですよ。本当に嬉しい。あの馬はなんか、戦友みたいな間柄の馬でしたから。ドバイにも香港にも一緒に行って、しかも両方、勝ってくれたわけですし。だからオルフェーヴルが出たとき、特にダービーを勝ったときはしみじみ、「ステイゴールドが僕に贈り物をしてくれたんだな」と感じました。

──先生が管理されたオルフェーヴルと(兄の)ドリームジャーニーは、ステイゴールドの種牡馬としての名声を確立した存在といえます。あの兄弟について、“父のDNA”はどんなところに感じましたか?