血圧は200でもセーフ!血糖値は100でもアウト!この数値が「病気のボーダーライン」

"血圧・血糖値・コレステロール"これが正常と異常の分岐点です【第2部】
週刊現代 プロフィール

さて、われわれ一般人ははたして、こうした病気の基準値とどのように付き合ってゆけばよいのか。前出の岡本氏が言う。

「患者を数値で切り分け、何でもかんでもすぐに薬に頼る医療には問題があります。しかし、早めに病気の芽を見つけて健康を維持することもやはり大切。今回、突然新しい基準値が出てきたことに戸惑う人も多いと思いますが、そうした基本を忘れないでほしいですね」

誰が健康で、誰が病人か—病気のボーダーラインは医療関係者や国の力でコロコロ変わり、それがカネ儲けに利用された例は数知れない。現に彼らは、いまも駆け引きの真っ最中だ。

しかし時代が変われど、人間のカラダがそう簡単に変わるはずがない。目先の数値に右往左往するのではなく、自分にとっての健康とは何か、落ち着いて見極めることが肝心である。

「週刊現代」2014年5月10日・17日号より