[虎四ミーティング~限界への挑戦記~]
高原直泰(SC相模原)<前編>「突然の病を乗り越えたストライカー」

スポーツコミュニケーションズ

ストライカーに必要な意識

二宮: 磐田ではゴン(中山)との抜群のコンビネーションでゴールを量産しました。
高原: これまでコンビを組んできたFWの中で、中山さんが一番やりやすかったですね。中山さんとは、2人の動き出しで相手の守備陣を混乱させようということを話していました。

二宮: 2人で役割を決めていた?
高原: いや、役割は決めていなかったですね。周りに素晴らしい選手がいたので、動き出したら必ずボールが出てくる。その時の状況で、どっちかが動いたらそれを見て、空いたスペースに走り込むといった感じです。パスを呼び込んだ後は、FWの2人でゴールまでいけるのが理想でしたね。常にゴールを意識してプレーできていたのがよかったと思います。

二宮: ゴンから学ぶことも多かった?
高原: そうですね。磐田に入ってからは、居残りのシュート練習もいつも一緒にやらせてもらっていました。そういう中で、動き出しやボールの受け方などで学ばせてもらったことは多いですね。

二宮: FWの極意は盗めましたか?
高原: 中山さんを見て、“自分がゴールをとる”という強い意志が必要だと感じましたね。まずそれがなければ、体が反応しない。中山さんはゴールに対する強い意識があるから、得点できるポジショニングをとれていたと思います。海外に行った時なんかは、FWの選手は周りをみないような選手ばかりでした。賛否両論あるでしょうが、FWは“なんだかんだでコイツは点をとるな”と思わせることができれば一番いいですよね。

編集部からのお知らせ!