[アイランドリーグ]
愛媛・弓岡敬二郎監督「命運握るトップバッター高田」

スポーツコミュニケーションズ

NPB狙える扇の要・宏誓

 理想とする「守りの安定した堅実な野球」を実践する上で、センターランの選手は第一に守備力を重視しています。ショートは坂口賢治(柳川高-岡山商科大-シティライト岡山)、セカンドは四ツ谷良輔と固定しているのはそのためです。

 特に四ツ谷は守備はもちろん、バッティングも良くなってきました。今年は3年目で実戦に出ることで磨かれてきたのでしょう。若い選手にとって試合経験が成長につながることを改めて実感させてくれます。

 扇の要であるキャッチャーはオリックスから横山徹也を連れてきましたが、メインは宏誓で考えています。宏誓は強肩で、リードもいい。バッティングも悪くありませんから、NPBのスカウトにも注目してもらえる素材だとみています。彼が正捕手としてレベルアップし、横山の助けを借りなくても良くなればドラフト指名も近づいてくるのではないでしょうか。

 アイランドリーグでの指導は監督、コーチの人数も少なく、想像以上に大変です。ただ、それは他球団も条件は一緒。プロである以上、結果がすべてですから、シーズンが始まれば、選手を育てながら、チームの勝利に全力を尽くしたいと思っています。引き続き、応援よろしくお願いします。 

弓岡敬二郎(ゆみおか・けいじろう)プロフィール>:愛媛マンダリンパイレーツ監督
 1958年6月28日、兵庫県出身。東洋大姫路高、新日鐵広畑を経て、81年にドラフト3位で阪急(現オリックス)に入団。1年目からショートのレギュ ラーとなり、全試合出場を果たすと、84年には初の打率3割を記録してリーグ優勝に貢献。ベストナインとダイヤモンドグラブ賞を獲得する。87年にもゴー ルデングラブ賞に輝き、91年限りで引退。その後もオリックス一筋で内野守備走塁コーチ、2軍監督、2軍チーフコーチ、スカウトなどを歴任。13年をもって33年間在籍したチームを退団し、愛媛の監督に就任した。現役時代の通算成績は1152試合、807安打、打率.257、37本塁打、273打点、 132盗塁、240犠打。
編集部からのお知らせ!
ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/