2014.04.14

岩瀬大輔「僕なりに考える『友達をつくるシンプルな原則』」

最新刊『仕事でいちばん大切な 人を好きになる力』より

そんな自分が、いまこうしてたくさんの素敵な仲間に恵まれているのは、ありがたいことだと感謝する半面、不思議に思うところもあります。きっと多くの人は、「社会人になってから気のおけない仲間が減ってきた」と感じ、「どうすれば友達ができるのか?」と悩んでいるのではないでしょうか。

そこで最初に、僕なりに考える「友達をつくるシンプルな原則」を3つ紹介したいと思います。

(1)友達の数は「好き」の数と比例する

友達とはなにか?

ちょっと哲学的な問いかけのようですが、簡単な言葉で定義するなら「お互いに好意を持ち、親しく交流している人」のことを、そう呼ぶのだと思います。

たとえば、会社の同僚や学校のクラスメイトとは、毎日のように交流しています。しかし、クラスメイトの全員を「友達」と呼ぶことには誰しも抵抗があるでしょう。たとえ毎日顔を合わせて、それなりに言葉を交わす関係であっても、やはり友達と呼ぶためには、お互いの「好き」が必要です。

好きだからこそ関係が近くなり、友達になっていく。「好き」を抜きにした友人関係なんて、ありえない。

だとすれば、友達と「好き」の関係について、こんなふうに言い換えることも可能なはずです。

・100人の友達がいる人は、100人以上の人を「好き」になっている
・「好き」になる人の数が少ないと、友達の数も少なくなる

考えてみれば当たり前の話ですが、意外と理解されていないことではないでしょうか。たくさんの友達を持っている人は、魅力的だとか社交的だとかという以前に、たくさんの人を「好き」になっているのです。まずは自分が「好き」になる。その一歩を踏み出さなければ、なにも始まりません。

一方、相手の短所ばかりを見て、なかなか他者のことを好きになれないという人は、友達の数も減ってしまうことになります。

友達の数を増やしたければ、「好き」になる回数を増やすこと。シンプルですが、とても大切な原則です。

(2)自分を「好き」になってくれる人を「嫌い」になるのはむずかしい

いまの話を聞いて「こっちが好きになったところで、相手から好かれないと友達にはなれないじゃないか」と思われた方も多いでしょう。たしかに、友達になるためには自分が好きなだけではなく、相手からも好いてもらわなければなりません。

しかし、これは僕が日々痛感していることですが、こちらが「好き」の気持ちを持って誠実に接していれば、ほとんどの場合は相手も「好き」を返してくれます(恋愛の場面では違うことも多いのかもしれませんが)。

少なくとも普通の友達関係の場合、自分に向かって「好き」のサインを送ってくれる人を「嫌い」になるなんて、なかなかできることではありません。

もちろん、ここで打算的な「下心」をチラつかせているのなら、拒絶されることも多いでしょう。しかし、純粋な「好き」の気持ちであれば、拒否することなく好感を持ってもらえるはずです。

***

『仕事でいちばん大切な 人を好きになる力』刊行記念
岩瀬大輔さん サイン会&ワンポイントアドバイスセミナー開催!

日時 2014年4月23日(水)
18:30~
地区 東京
場所 文教堂書店 浜松町店
お問い合わせ 03-3437-5540
*整理券が必要です。
*詳細はお店へお問い合わせください。

関連記事