大特集病気はクスリで作られる!特効薬の販売で、「うつ病」患者が2倍に増えた

週刊現代 プロフィール

「以前、よその病院でうつ病の治療を受けていた患者さんが来られたのですが、その人は4種類の抗うつ薬をすべて最大量まで飲まされていました。抗うつ薬を増やしすぎると効かなくなってしまい、いざ気分が落ち込んだとき深刻な抑うつ症状に襲われるため、たいへん危険なのです」(前出・蟻塚氏)

右の表をよく見ると、'08年から'11年にかけてうつ病の患者数は減っているにもかかわらず、抗うつ薬の売り上げ高は大きく伸びている。「クスリ漬け」のうつ病患者が増えていることの証左と言えよう。

病気とクスリのマッチポンプは、うつ病ばかりにとどまらない。前出の野田氏が言う。

「もうこの30年ほど、医学界では本当に意義のある新薬がほとんど開発されていない。ディオバンが問題になった降圧剤についても、'80年代までは血圧160以上が高血圧だったところを、『140以上はグレーゾーン』というふうに基準を緩めてクスリの需要を作り出したわけです。これによる製薬業界の儲けは何十兆円にもなります」

それまで「異常ナシ」の診断を受けていた人が、基準値の変更で突然「異常アリ」にされてしまうのだ。

コレステロール値についても同じことが指摘されている。'70年代には総コレステロールの基準値は血液100mlあたり260mgだったが、'90年に220mgに変更となった。高脂血症治療薬の「メバロチン」が発売されたのは、そのわずか半年後のことだった。現在でも高脂血症治療薬は、国内だけで約3000億円の市場規模を誇るドル箱である。

その他にも、近年になってクスリでの治療が可能になったといわれる男性型脱毛症、つい最近までは「胸焼け」と呼ばれていたはずの逆流性食道炎など、メディアで急に取り沙汰されるようになった病気は、必ずと言っていいほど新しいクスリの発売と連動している。

特別養護老人ホーム・芦花ホーム医師の石飛幸三氏がこう嘆く。

「製薬会社も、世のため人のためと思って一生懸命やっているのかもしれません。しかし、最初は善意であっても、結果的に患者のためにならない事態を引き起こしているのです。

患者には、医療への過剰な期待がある。医師は、とりあえずクスリをたくさん出すのがその期待に応えることだと思っている。目先の売り上げや名声ばかりを追って、真に患者のことを見ようとしない」

医療関係者とて聖人ではない。彼らは、カネのためなら病気を作る。クスリが増えるほど、患者も増える—この事実を知っておくことが、クスリ漬けにされないための大前提である。

「週刊現代」2014年4月5日号より