[サッカー]
大野俊三「三位一体で差別撲滅を!」

スポーツコミュニケーションズ

鹿島、好調の要因はダヴィ&若手

 さて、ここからは開幕して1カ月のリーグ戦を見ていきましょう。私の印象としては、ここ数年で改革に取り組んできたチームが、好スタートを切ったように映ります。特に、鹿島アントラーズの好調ぶりが目立ちますね。今季はここまで4勝1敗。私も「今年の鹿島はいいですね。要因は何ですか?」とよく聞かれます。それはずばり、FWダヴィと若手選手の存在です。

 ダヴィは昨季に加入し、10ゴールを挙げたものの、期待通りの活躍ができたとは言えませんでした。大きな要因は、ボールを受けたいがために、中盤の位置まで下がってきてパスをもらおうとしていたからです。これによりダヴィの力強さとスピードが十分に生かされていませんでした。しかし、今季はゴールに近い位置でボールを受ける場面が増えてきています。

 これは、ダヴィの使い方をチーム内で統一できているからに他なりません。昨季より、早い段階でダヴィにボールを預けるようになってきました。また、ダヴィの足元ではなく、前方にパスを送るようになっています。チーム全体が彼の特長をより生かそうとしているのがうかがえます。

 それに伴い、ダヴィもパスを受けた後、相手から厳しいマークを受けている状況なら、中盤の選手にボールを預けて、ゴール方向に向かうようになってきました。他チームでゴールを量産していた本来のダヴィに戻りつつあると思いますね。

 そして、鹿島好調の要因の2つ目は、若手の台頭です。トニーニョ・セレーゾ監督は昨季から若手選手を試していましたから、それが実を結び始めてきたように感じますね。DF伊東幸敏、MF土居聖真、FW豊川雄太らが、豊富な運動量で周囲をサポートできています。若手が汗をかいて広いエリアをカバーすることで、ベテランにかかる負担を軽減できている。そのおかげで、MF小笠原満男といった経験豊富な選手がチームをコントロールできているのです。

 鹿島が今後も好調を維持するためには、今、実践できている戦い方を継続することです。攻撃面では相手の守備組織を横に揺さぶるサイドチェンジを有効に使う。守備面では攻守の切り替えを早くして、高い位置からディフェンスを仕掛ける。相手にボールを持たれてしまった場合は、ペナルティーエリア内に入れさせないよう、外に追い込む。攻守両面で運動量が求められますが、そこで若手がどれだけ汗をかけるかが重要ですね。これから暑い時期を迎える中で、今のクオリティを継続できれば、5季ぶりのリーグタイトルも見えてくるでしょう。

大野俊三(おおの しゅんぞう)プロフィール>
元プロサッカー選手。1965年3月29日生まれ、千葉県船橋市出身。1983年に市立習志野高校を卒業後、住友金属工業に入社。1992年鹿島アント ラーズ設立とともにプロ契約を結び、屈強のディフェンダーとして初期のアントラーズ黄金時代を支えた。京都パープルサンガに移籍したのち96年末に現役引 退。その後の2年間を同クラブの指導スタッフ、普及スタッフとして過ごす。現在、鹿島ハイツスポーツプラザ(http://kashima- hsp.com/)の総支配人としてソフト、ハード両面でのスポーツ拠点作りに励む傍ら、サッカー教室やTV解説等で多忙な日々を過ごしている。93年J リーグベストイレブン、元日本代表。