ついに動き出した中央アジアの北朝鮮、トルクメニスタンの天然ガス輸出計画

コーカサス地域の新金融センター「BAKU White City」 (写真はすべて筆者提供)

文/ 石田和靖株式会社ザ・スリービー代表取締役)

カスピ海を中心とした様々なインフラ計画

カスピ海およびカスピ海沿岸国から、アジアと欧州へ向けた天然ガス輸出計画が急増し、沿岸国への投資も活発化している。3月11・12日の2日間にわたり、フォーシーズンズホテル・バクーで開催された英エコノミスト主催のアゼルバイジャン投資サミットのテーマは、"2020 and beyond; accelerating economic development"であった。

「2020年以降、さらに経済発展を加速させる国」というタイトルが示す通り、ユーラシア大動脈のハブ的存在でもあるこの国の巨大プロジェクトはすべて2020年をデッドラインとしており、2020年以降、非常に大きな未来に向けて、この国の経済成長はより一層加速されていくことが予測されている。

世界中の金融機関がバクーに集まったこの投資サミットでは、「通信とエネルギーを軸をした国際ハブ戦略で急速な経済発展を遂げるこの国は、2020年以降ターボエンジンを搭載することになる」と伝えられ、国際プロジェクトである国連64号採択のユーラシア超高速情報通信網「TASIM」、ユーラシア東西エネルギー回廊「EOTC」など、カスピ海を中心とした様々なインフラ投資がますます注目を浴びることとなった。

また3月14日には、アゼルバイジャン/トルコ/イラン3ヵ国の外相による会談が行われた。トルコ東部のワンで開かれたこの会合では、様々な分野における「地域協力3ヵ年計画」が合意に至ったという。3国の外務大臣は、アゼルバイジャン/トルコ/イラン共同による3ヵ年計画の必要性を強調。エネルギー、運輸、文化、観光、技術に関する意見交換が行われ、今後3年の間に様々な計画が実施されることを声明として発表した。

中国とトルクメニスタンの位置関係

アゼルバイジャンだけではない。対岸国のトルクメニスタンもエネルギー供給基地として存在感を増している。3月15日のカスピアンバレルのニュース記事によれば、カスピ海沿岸の資源国トルクメニスタンが、中国への天然ガス輸出量を増加させるとのことだ。

トルクメニスタンのグルバングル・マリクグルイェヴィチ・ベルディムハメドフ大統領が、パイプラインによる天然ガスの輸出を段階的に増加していくことを発表。これはエネルギー供給面において中国経済の原動力となり、また中央アジアの北朝鮮と呼ばれたトルクメニスタンの経済成長を大きく後押しするものとして期待されている。この2国間のパイプライン資源基盤としては、バグタリーク第二ガス処理プラントの建設計画が発表され、トルクメニスタン内閣会議で決定した。

バグタリークプラントの探査・生産の30年間生産分与契約は、中国国営石油公社(CNPC)とトルクメニスタン大統領直下国家機関との間で2007年7月に調印された。CNPCによる推定総投資額は約15億ドルとされる。トルクメニスタンから中国へのガス供給は 2009年に始まり、エネルギーハングリーに悩む中国への輸出増強が、このプロジェクトの拡大を後押ししている。

トルクメニスタン~中国の天然ガスパイプラインは、途中に3つの中継拠点を設け、カザフスタンの領土を介して敷設される。また、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスを介して分岐線の敷設について契約を締結すると、 CNPCは発表した。

トルクメニスタンを公式訪問していた中国共産党の習近平主席とトルクメニスタンのグルバングル大統領との公式交渉で、2013年9月に締結された契約が、新ルートの出発点となっている。さらにこのイニシアチブは、経由国によってもサポートされている。

インド・ムンバイの街並み
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら