第5回/これから生まれてくる子どもたちのために

希望 "Hope" Vol.5 ——これから生まれてくる子どもたちのために
週刊現代 プロフィール
(左)試作工場の木造部分の一部を移築して再現。写真中央の木組みは、トヨタ初の試作車「A1型」の板金を型取りする際に使われた実物大ゲージ(右)完成した試作車は「A1型」と命名される。その第1号車の"おはらい"風景

「父は織機の発明に人生を捧げ、『豊田紡織』を世界に誇る企業に成長させた。自分も日本人による国産車を作ってみせる」

こんな想いを胸に研究開発に没頭したすえに、喜一郎氏は「AA型」を完成させる。

繊維機械産業から自動車へ。父から子へ、モノづくりの神髄が受け継がれた。

動く展示で魅せる「繊維機械館」

自動車館に隣接する「繊維機械館」では、日本の繊維産業を支えた技術の発達を、近代から現代まで順を追って展示。豊田佐吉氏が発明した日本初の動力織機の第1号も、産業遺産として展示中。写真は実際に使っていた'55年製の「リング精紡機」。熟練オペレーターが糸づくりの最終工程を説明しながら実演する

〈第6回に続く〉