[アイランドリーグ]
徳島・島田直也監督「先発投手、急募!」

スポーツコミュニケーションズ

抑えは復帰の富永(元広島)

現役続行を希望し、昨年11月のNPB合同トライアウトにも参加した富永。

 今季の徳島は中継ぎ、抑えは盤石です。抑えには広島を戦力外になった富永一が2年ぶりに戻ってきました。広島では肩を痛めて不完全燃焼だっただけに、本人からは「やってやる」との強い意気込みを感じます。状態を見極めるため、練習生で契約しましたが、開幕では選手登録することになるでしょう。

 また中継ぎには先述した福岡、新潟から移籍した河本ロバート、セットアッパーの入野貴大がおり、6回以降は継投で勝ちパターンに持ち込めます。まだ練習生ですが、高卒2年目の山本雅士もオープン戦で投げっぷりの良さをみせており、故障者や不調の選手が出れば入れ替わりでブルペンの一角を担えるはずです。

 つまり、先発は何とか5回まで試合をつくってくれればOK。とはいえ、先発が序盤から試合を壊してしまっては、せっかくのリリーフ陣も宝の持ち腐れになってしまいます。そこで、入野や河本を先発に回すことも視野に入れ始めました。入野はNPBスカウトに先発完投できるところを見せるのも、ひとつのアピールになるでしょう。

 勝ちパターンのブルペン陣を動かすことなく、他のピッチャーでローテーションを組むか、それとも、勝ちパターンを崩してでも先発の柱をつくるか……。残り少ないオープン戦を見て、決断を下すつもりです。

 幸い開幕からゴールデンウィークまでは最大3連戦で、先発は少ない人数でも回せます。もちろん、公式戦ですから負けは許されませんが、うまく選手を試しながら5月以降の勝負どころに突入できればと考えています。