新興メディアサービスを産み・育てるNYのシード投資&メディア・スタジオ「ベータワークス」

佐藤 慶一 プロフィール
Digg

いま注目の記事を見つけることができる「Digg」

2004年、ソーシャルニュースサイトとして立ち上がった「Digg(ディグ)」。アメリカ版2ちゃんねると言われることもある「Reddit(レディット)」のように、ユーザー参加型(投票や推薦)のサイトとして人気を博していた。

2008年にはGoogleも買収に興味を示しているという報道もあったディグ(そのときは2億ドルで交渉があったとのこと)。しかしながら、落ち込み気味だった2012年7月に、ベータワークスがディグを買収した(買収額は明らかになっていないが50万ドルとも言われている)。

ベータワークスによる買収後、ディグは大きなリニューアルを行った。ソーシャルニュースサイトからニュースのアグリゲーションサイトとなり、ビジュアル重視のきれいめなデザインになったのだ。

2008年の全盛期には年間で2億人以上の訪問者数を記録したものの、2012年には月間380万人ほど、現在は60万人ほどとなっているようだ。

しかしながら、記事のアグリゲーションだけでなく、2013年秋には「Digg Video」という人気動画のカテゴリーを設置。さらに2014年に入ってからは、オリジナル記事の作成も行っており、アグリゲーションをベースにしつつも、新しいメディアの形を模索している。

Bloglovin'

好きなブログを一覧できる「Bloglovin'」

次に紹介するのは、2008年にできた「Bloglovin'(ブログラヴィン)」というサービスだ。以前に、「メディアの未来はどこにあるのか? ハフィントンポスト共同創業者ケン・レーラーの投資から分かること」という記事でも紹介した。

お気に入りのブログを登録することで、それらの更新情報を一覧でチェックすることができ、外部コンテンツを自分仕様にまとめることが可能になるのだ。

15名のチームでつくっているブログラヴィンのユーザー数は1000万人を超えているとのこと。全ユーザーのうち9割が女性で、利用者の70%がファッションブログを追っているという。

上記のカテゴリー以外にも、アートやフード、DIY、デザイン、ライフスタイル、旅行など多様な分野のブログを探すことができる。人気ブログを見つけることも簡単だ。