2014.03.16(Sun) 岡田 真理

プロテイン、BCAAの過剰摂取にご注意を!

筆者プロフィール&コラム概要

タンパク質は食事で摂取できるものなので、筋肉をつけようとプロテインをさらに摂取すると、量によってはタンパク質の過剰摂取となって肝臓や腎臓の仕事が増えてしまう。

BCAAは筋肉で消費されるが、これも過剰摂取になると肝臓で代謝され、腎臓から排出されるようになる。その状態が続けば、肝臓や腎臓への負担は当然大きくなる。

プロテインもBCAAも、過剰摂取さえしなければ内臓に負担がかかることはない。もちろん、過剰摂取がよくないのはプロテインとBCAAに限ったことではないのだが、この二つはトレーニーの間でも広く利用されているサプリメントで抵抗なく飲む人も多く、運動へのモチベーションが上がれば上がるほどつい摂りすぎてしまうことがあるかと思う。

私のように腎機能に不安がある人、また肝臓を積極的に労わりたいと考えている人は、サプリメントを摂取する際に食事で摂る量とのバランスに気をつけるなど、配慮したほうがいいだろう。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

(おかだ・まり) スポーツライター、NPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション代表。1978年生まれ。立教大学卒業後、カリフォルニア大学エクステンションにてマーケティングのディプロマを取得。帰国後はプロアスリートのマネージメントに従事し、後にライターに転身。現在はアスリートのインタビュー記事を執筆する傍ら、ベースボール・レジェンド・ファウンデーションを運営している。


アスリートと「食」

自らのカラダに細心の注意を払うトップアスリートたちは食生活にもプロフェッショナルである。アスリートにとってもそうでない人にとっても役に立つ、スポーツ選手たちの食に関するエピソードを、自らもプロ選手のマネジメントに携わった気鋭のライターが紹介する。