社会起業家への資金提供者をどう見つけるか

『現代ビジネスブレイブ リーダーシップマガジン』---リチャード・ブランソン「世界を変える経営」より
Dutch Postcode Lottery」のWebサイトより

地元がダメなら範囲を広げて探す手もある

【質問】 私は社会起業家です。現在、人々の生活を変えるビジネスをアフリカで立ち上げようとがんばっています。しかし何百万という他の起業家と同じように、私も資金調達に苦労しています。母国のデンマークで投資家として見込んだ人々からは一様に「きみのアイデアは素晴らしい。でも、きみのビジネスモデルが利益を確実に出すと確認してからまた来てください」と言われます。ほかの国で資金調達すべきでしょうか?(クリスチャン・フーイ・ゴールドバーグ/ケニア、ナイロビ)

――ブランソン: 大義のために起業家となったあなたのような人々からの質問が、最近、頻繁に寄せられます。意欲のある社会起業家たちの事業をビジネスとして成功させることで、人と地球の役に立ちたいと考えている事実をとても心強く感じます。

社会起業家の資金調達は、商業的で純粋に利潤目的の企業経営者よりも、応々にしてずっと難しいものです。潜在的な投資家へのアピールが難しいのは、問題解決や、人助けのためなら営利を目的としないビジネスモデルをあなたが採用しているのではないか、と彼らが決め込んでいるからです。

資金獲得の機会を探すなら、多くの場合は、まず地元の町や村からはじめるのが一番です。しかし思いどおりの協力者に出会えないなら、当然ながら次は、全国ないし国際規模に範囲を広げて資金提供者を探してみましょう。

仮に、外国の投資家を呼び込むようなオプション(選択肢)があれば、長い目で見てそれがあなたの利益となるかもしれません。あなたがビジネスの貴重な人脈を広げる際に、彼らの第三者的な見方が何らかの興味深い洞察を与えてくれるかもしれません。また、ビジネスを国際的に拡大する機会が来たときにも、そういった人脈は大いに役立ちます。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら