ソーシャルメディアの次に起きるメディアビジネスの革新

『現代ビジネスブレイブ イノベーションマガジン』---佐々木俊尚「メガチェンジの時代」より

最近アメリカのメディア業界では、伝統的なメディア企業から離脱し、独立したり新興メディアに移ったりする著名ジャーナリストが増えているという。

ガーディアンのスクープ記者が移籍した先

ESPNへ移籍後のネイト・シルバー氏〔PHOTO〕gettyimages

その代表的な存在が、ネイト・シルバーだ。いま大流行のデータサイエンティストの第一人者であり、2012年の大統領選では全米50州の投票結果をビッグデータ分析によって的中したことで話題騒然となった。シカゴ大学で経済学を学び、昔からオンラインポーカーで大金を稼いだりしていたというから根っからの「データマニア」なのだろう。

ニューヨークタイムズのサイト内でfivethirtyeight.comというブログを開設し、ここで世論調査や経済データなどの解析をもとに大統領選の予測も行うようになった。

そのネイト・シルバーが昨年、ニューヨークタイムズを離れてスポーツのテレビチャンネル最大手ESPNに移籍した。ESPNのスタッフになるということではなく、fivethirtyeight.comをESPN傘下のメディアとして独立運営していくという方向らしい。つまりはESPNに出資してもらって独立するというような形になっているようだ。

もうひとつの注目すべき動きとしては、英ガーディアンのグレン・グリーンワールドの移籍だ。彼はエドワード・スノーデン報道で一躍有名になったジャーナリストだが、eBay創業者のピエール・オミディアが出資する新しいメディアに参画するため、ガーディアンを離れた。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら