2014.03.13
# 雑誌

スピルバーグにも影響を与えた 特撮の元祖にして、最高傑作! 世界一有名な怪獣ゴジラを語ろう~宝田明×佐野史郎×中野昭慶

週現 『熱討スタジアム』第97回
週刊現代 プロフィール

中野 特撮映像はNGカットばかりといっても過言ではない。ただ、NGカットが転じて名シーンになるんです。1255万人を動員した『キングコング対ゴジラ』で、ゴジラとキングコングが熱海城を挟んで対決するシーンなんて、その典型です。

佐野 テレビの予告スポットで繰り返し流れたあの場面ですね。

中野 ゴジラが城を壊して断崖から海に落ちるシーンを3台のカメラで狙いましたが、まずお城が思ったほど豪快に壊れなかった。さらに、1台のカメラが落ちるゴジラを断崖を入れながら追いかけるはずでしたが、カメラマンが断崖を入れることに気を取られてゴジラを画面から外してしまった。2つのNGが重なったんです。しかし円谷さんは編集技術でこれを名シーンにしました。城を壊すシーンはスロー再生し、さも深刻な破壊が行われているように見せた。ゴジラがカメラから外れたことも、姿が見えないことで不気味さを際立たせたんです。失敗したカットも円谷さんの手にかかると、立派な素材になる。実際、円谷さんはNGカットを何度も作品の中で部分的に使用しています。

宝田 特撮だけでなく、人間ドラマも魅力でした。

佐野 映画館に行くと、特撮部分は静かですが、人間ドラマの部分になると、途端に子供がザワザワしだす。僕も子供でしたが、これが許せなかった。僕はちょっとませていたので、ドラマ部分も食い入るように見ていたんです。むしろ大人の世界を垣間見れるようで、こちらのほうにドキドキした。

中野 1作目のドラマ部分を担当したのは、翌年に名作『浮雲』をつくりあげた成瀬(巳喜男)組の名スタッフでした。これまた一切妥協がない集団です。たとえば、宝田君がランニング一枚で汗をかきながら部屋に入ってくるシーンでは、画面には映らないパンツまで濡らすという徹底ぶりだったよね。

宝田 そうでした(笑)。特撮班の熱気に呼応するように我々ドラマ班もがんばりました。現場には志村喬さんという最高のお手本もいましたからね。あのとき、山根博士役を演じた志村さんは『七人の侍』と掛け持ちしていたんですよ。

ゴジラが死んで泣いた

佐野 僕の持論なんですが、スターとなる人は特撮映画を経験しています。宝田さんの恋人役を務めた河内桃子さんはもちろん、八千草薫さんもそうですね。特撮というのは、演じる相手が人間ではなく怪獣ですからね。嫌でも演技力が鍛えられます。

宝田 たしかに撮影は試行錯誤の連続でした。芝居をする際、絵コンテを見て演じるのですが、目の前にゴジラはいない。どうリアリティのある演技をするかに腐心しました。当時は東京駅前の9階建ての丸ビルが高さの象徴だった時代。ゴジラは同じくらいの高さということだったので、「目線はこれくらいか」と想像して演じたものです。

関連記事